グループ会社一覧

社会インパクトとESGマテリアリティ

社会の中の不二製油

不二製油グループのバリューチェーン

不二製油グループは、植物性油脂事業、業務用チョコレート事業、乳化・発酵素材事業、大豆加工素材事業の4つの事業を展開している、BtoBの食品素材メーカーです。パーム油・カカオ・大豆といった農作物を主原料に、チョコレート用油脂や業務用チョコレート、ホイップクリーム、マーガリンや大豆たん白素材などのさまざまな食品素材を開発・製造・販売しています。お客様は、BtoCの食品メーカーや外食店、コンビニエンスストアや小売店など、さまざまな業態にわたります。

不二製油グループのポジティブ・インパクトとネガティブ・インパクト

不二製油グループは、以下のポジティブ・インパクト(正の影響)とネガティブ・インパクト(負の影響)を認識しています。

ポジティブ・インパクト例

  • 植物性食品素材を用いた食資源不足解決や健康寿命への貢献
  • 原材料のサプライチェーンにおける持続可能性の向上
  • グループ企業の主に製造工程におけるエネルギー、水などの資源の消費およびCO2、廃棄物などの排出削減による地球環境への負荷低減

ネガティブ・インパクト例

  • バリューチェーンにおける環境破壊や人権侵害
  • グループ企業の主に製造工程におけるエネルギー、水などの資源の消費およびCO2、廃棄物などの排出による地球環境への負荷

インパクトを踏まえた4つの活動分野

不二製油グループは、ESG経営推進に資する活動を下記4つの分野に分類・整理し、それぞれの活動指針を定めています。

SDGsへの貢献

2015年に国連で採択された国際目標であるSDGsの達成に向け、民間企業は重要な役割を担っていると考えています。不二製油グループは、自社の事業活動が直接的あるいは間接的にポジティブ・インパクトとネガティブ・インパクトを及ぼし得ることを認識しています。植物性食品素材によって社会課題を解決し、誰一人取り残さない世界の実現に貢献してまいります。

ESGマテリアリティの特定

考え方

不二製油グループは、事業活動を通じて「社会の持続可能な発展への貢献」と「自社の持続的な成長・社会への価値創造」をともに実現するために、「ESGマテリアリティ」を定めています。「ESGマテリアリティ」は、ESG経営推進のための4つの活動分野のうち、事業活動を通した「ポジティブ・インパクトの創出」あるいは「ネガティブ・インパクトの低減」に寄与します。

2021年度 ESGマテリアリティ

2021年度のESGマテリアリティは以下の通りです。各ESGマテリアリティに対する考え方や目標、取り組み状況などは「関連ページ」をご参照ください。

不二製油グループの事業特性を活かし、業界を牽引する取り組みを創出する領域

重点分野1 食の創造

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
食資源不足へのソリューション提供
  • 将来懸念される食資源不足への解決策として、動物性タンパク、乳製品を代替する環境負荷の低い植物性食品素材の普及と代替技術の確立
  • 本格的な肉素材・食肉製品を目指したおいしい大豆ミート素材、食品の開発
  • 植物性素材をベースとしたPlant-Basedミルクの開発
CTO
健康的な食の提供
  • 健康課題や生活の制限の解消によるシニアのウェルビーイングの実現
  • 高齢化社会の健康課題解決に寄与する次世代コア技術の機能性検証
  • 高齢化社会におけるウェルビーイング実現に向けた取り組み計画の策定
CTO
糖質低減への対応
  • 食品の糖質の一部を植物性タンパク素材で代替し、生活習慣病の予防に資する栄養バランスに優れた食品の提供
  • 主食系食品のタンパク質比率を高める食品素材の開発(お客様の製品の糖質の低減につなげる)
  • タンパク含有量を強化した主食系食品素材の提供
CTO
トランス脂肪酸含有量の低減
  • WHO指針および各国での法規制に基づいた、製品中のトランス脂肪酸含有量の低減
  • ウッドランド サニーフーズ(シンガポール)、フレイアバディ インドタマ(インドネシア)、ハラルド(ブラジル):全ての製品のトランス脂肪酸を低減(2g-TFA/100g-oil以下)
CSO

重点分野2 サステナブル調達

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
パーム油のサステナブル調達
  • サプライチェーン上におけるNDPE(森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、搾取ゼロ)の達成
  • 2030年までに農園までのトレーサビリティ(TTP)100%
  • パルマジュ エディブル オイルの全サプライヤーに労働環境改善プログラム(LTP※1)を適用し、2025年までに完了
  • 搾油工場までのトレーサビリティ(TTM): 100%
  • 農園までのトレーサビリティ(TTP): 73%
  • 衛星写真による森林破壊防止のモニタリングの定期的実施と、その結果としてサプライチェーン改善活動やグリーバンスリストの対応を推進
  • パルマジュ エディブル オイル(マレーシア)における労働環境改善プログラムの適用
CSO
カカオのサステナブル調達
  • 「責任あるカカオ豆調達方針」の推進
  • 2030年までにカカオ栽培地域に対して100万本植樹
  • 2025年までにILOの定める「最悪の形態の児童労働(WFCL)」ゼロ
  • ガーナでのカカオ栽培地域に対する植樹10万本
  • カカオ農家のGPSを使ったマッピングによる透明性の向上
  • ガーナのカカオ農家2,350軒を対象とした支援プログラムの実施
  • プログラム参加農家における児童労働のモニタリング実施に向けた家族状況などの把握の開始
  • GAP※2の導入による農業支援と、生産されるプログラム豆の日本およびアメリカへの導入
CSO
大豆のサステナブル調達(GMO問題含む)
  • 大豆および大豆たん白原料におけるサステナブル調達の推進
  • トレーサビリティ目標・KPIの設定(2021年6月に設定済み)
  • 2030年目標における「コミュニティ」の定義の確定
CSO
  • ※1 LTP:Labour Transformation Programme。
  • ※2 GAP:Good Agricultural Practices(農業生産工程管理)。

事業活動の基盤として取り組む領域

重点分野3 食の安全・安心・品質

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
食の安全と品質の徹底
  • 製造される全ての製品において、自社が原因となるクレームゼロ
  • 重大品質クレームゼロを実現するための従業員の品質意識向上
  • 品質担当者が直接アクセスできる品質情報プラットフォームの利用推奨と品質担当者間の関係強化
C“ESG”O

重点分野4 労働安全衛生

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
労働安全衛生の推進
  • 人間尊重および安全第一を最優先とし、「安全で快適な職場」づくりによって全グループ会社で災害ゼロ
  • 指差呼称の導入および啓発活動の継続と定着のための施策の検討
  • 危険予知訓練の有効性の理解を促進する活動の継続
  • VR(バーチャル・リアリティ)を利用した安全体感機器の導入など、安全意識の向上に役立てる取り組みの開始
C“ESG”O

重点分野5 気候変動の緩和と適応

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
CO2の排出削減

<環境ビジョン2030>

  • 2030年にCO2排出量(総量)をスコープ1+2で40%削減、スコープ3(カテゴリ1)で18%削減(基準年2016年)

注:SBT認定取得

  • 環境ビジョン2030の社内浸透
  • 環境監査を通じたCO2排出量の削減活動のレベルアップ
  • CO2排出量の削減戦略を立てやすい環境の整備(担当者がタイムリーかつ容易にCO2関連データを確認できるデータ収集のシステム導入、太陽光パネルの導入などの好事例の横展開)
  • スコープ3(カテゴリ1)削減活動として、サプライヤーに対するアンケート調査(エンゲージメント活動)の開始
C“ESG”O

重点分野6 水資源の保全

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
水使用量の削減

<環境ビジョン2030>

  • 2030年に水使用量原単位を20%削減(基準年2016年)
  • 環境ビジョン2030の社内浸透
  • 環境監査を通じた水使用量の削減活動のレベルアップ
  • 水使用量の削減戦略を立てやすい環境整備(担当者がタイムリーかつ容易に水関連データを確認できる収集システムの導入、水のリサイクル方法やより水使用効率の良い装置導入などの好事例の横展開)
C“ESG”O

重点分野7 資源循環

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
廃棄物の削減

<環境ビジョン2030>

  • 2030年に廃棄物量原単位を10%削減(基準年2016年)
  • 環境ビジョン2030の社内浸透
  • 環境監査を通じた廃棄物の削減活動のレベルアップ
  • 廃棄物の削減戦略を立てやすい環境の整備(担当者がタイムリーかつ容易に廃棄物関連データを確認できるデータ収集のシステム導入、動植物性残渣の有効利用方法および産業廃棄物の有価物化の取り組み事例の横展開)
C“ESG”O
フードロスの削減
  • 技術イノベーションを通じたバリューチェーン上のフードロス削減へ貢献
  • 食品のおいしさ維持(鮮度延長)技術、二次加工(リメイク含む)技術の開発と提案
CTO
  • ※ 動植物性残渣:おからや製品サンプルなどの廃棄物。

重点分野8 環境に配慮したものづくり

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
製品・原材料の環境負荷低減
  • 環境負荷の低い原料の探索と新技術開発による環境ビジョン2030への貢献
  • 新規酵素油脂加工技術の実用化に向け、さらなる高効率化と環境負荷の低減を実現する製法の確立
  • 粉末状大豆たん白製品の環境負荷に関する現状調査の実施、およびライフサイクル全体での環境負荷低減のための戦略立案
CTO

重点分野9 DE&I

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
ダイバーシティ経営の実践
  • 会社で働く仲間の基本的人権、多様性、人格、個性を尊重し、差別や嫌がらせのない、働きがいのある職場づくり
  • 不二製油グループ憲法の浸透
  • 各地域の課題認識や活動状況把握
  • 次期・将来の経営人材の選抜と育成
  • 日本人駐在員ポストの現地化推進
  • グローバルビジネス環境にフィットする海外幹部候補の養成
  • 日本:多様な働き方の促進
  • 日本:公正さの確保
  • 日本:障がい者の長期活躍の支援
CAO
  • ※ DE&I:ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン。

重点分野10 GRC

重点項目 目指す姿 特に貢献を目指すSDGs 2021年度目標 管掌CxO 関連ページ
リスクマネジメントシステム
  • リスクに強く、社会からの信頼を獲得する高信頼性企業の実現
  • 全社重要リスクの適正な管理と、ステークホルダー視点の分かりやすい情報開示
  • TCFD対応として、グループ内で適正な気候変動リスク・機会の選定、対応策の落込みを行うための実用的な気候変動シナリオの作成と情報開示
C“ESG”O
情報セキュリティマネジメント
  • ICT(情報通信技術)によるプロセス改革と企業価値創出
  • 安全・安心なICT活用によるグループガバナンス実現への貢献
  • リスクトレンドを反映した「セキュリティ内部監査」の継続と監査対象システムのIT部門管轄までの拡大
CFO
コンプライアンス
  • 公正かつ透明性を持った事業活動を行い、全てのステークホルダーから信頼される誠実な企業
  • 地域統括会社またはその傘下のグループ会社への法務担当者の設置による、不二製油グループ本社の法務部門との連携強化
  • 各地域統括会社またはその傘下のグループ会社でのコンプライアンス管理に関する自己点検の実施と、不二製油グループ本社の法務部門における点検結果の評価
  • コンプライアンス研修の実施
CAO
グループガバナンス
  • 有効なグループガバナンス体制の構築を通じた企業価値の向上
  • グループ方針改訂による不二製油グループ内の「経営の監督」と「経営の執行」の責任・権限の明確化
  • グループ憲法の浸透、グループ戦略の徹底のため地域統括会社とのコミュニケーション方法の再設定
  • 経営の執行状況の確認(実行モニタリング)における内部監査グループとの連携強化
CSO
コーポレートガバナンスの向上
  • 取締役会の適正な運用を通じた企業価値の向上
  • 経営の監督(モニタリング)機能に主軸をおいた取締役会運営の定着
CAO
  • ※ GRC:ガバナンス・リスク・コンプライアンス。

2021年度ESGマテリアリティ特定プロセス

不二製油グループでは、新たな社会課題や、ステークホルダーとの対話の中でいただいた助言に基づき、年1回ESGマテリアリティのレビューと特定を行っています。
2020年度は、ESG委員会事務局がGRI※1やSASB※2の開示項目、WBA※3の評価基準、SDGs、業界団体が推進するESGテーマ、有識者の助言などを考慮し社会課題をリスト化しました。さらに、類似する社会課題をグループ化の上、「ステークホルダーの関心度」と「不二製油グループの事業への影響度」の2軸で重要性を評価し、2021年度のESGマテリアリティマップ案を作成しました。
ESGマテリアリティマップ案は、ESGマテリアリティを管掌するグループ本社のCxOや、コーポレート部門、事業部門、研究開発部門から選出された2020年度のESGマテリアリティ推進責任者、有識者など約30名が参加するESG委員会で、その妥当性について審議されました。
ESG委員会での審議結果に基づき、ESG委員会事務局はグループ本社の取締役会へ2021年度ESGマテリアリティを報告し、承認を得ました。
結果として、2020年度ESGマテリアリティとして特定していた「包装材の削減」はグループ全体で推進する体制からグループ各社で取り組む体制に移行し※4、新たに「健康的な食の提供」と「コンプライアンス」が追加されました。

特定プロセス

ステークホルダーからの
アドバイス(例)
健康的な食の提供や腐敗防止の取り組みは社会的関心事
STEP 1
評価対象となる包括的な社会課題リストの作成
STEP 2
マテリアリティマップを使った評価
STEP 3
ESG委員会での審議
STEP 4
取締役会での承認

2021年度ESGマテリアリティマップ

  • ※1 サステナブル調達の重要な観点に、人権の尊重、生物多様性の保全、森林保全なども包含されています。
  • ※2 ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン。
  • ※3 GRCにはコーポレートガバナンス(取締役会の実効性向上など)と内部統制(グループガバナンス、リスクマネジメントなど)の観点が含まれますが、ESG委員会においては内部統制に関わる項目をモニタリングしていきます。コーポレートガバナンスは取締役会にてモニタリングしていきます。