お電話でのお問い合せ

株式・株主優待関連のお問い合せ

TEL0120-651-563

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

株式事務手続きに関しては以下のページをご参照下さい。

決算・IR関連のお問い合せ

IRグループ

TEL03-5418-1044

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

報道・ニュースリリースのお問い合せ

広報・IRグループ

TEL06-6459-0701

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

サステナビリティについてのお問い合せ

CSR・リスクマネジメントグループ

TEL06-6459-0729

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

FAX06-6459-0711

ホームページについてのお問い合せ

フォームにてお問い合せください。

「製品」「USS、豆乳クリーム」「通信販売(ソヤファームクラブ)」「採用」などに関するお問い合せは不二製油株式会社へお問い合せください。

閉じる

不二製油グループについて

不二製油グループの歴史

技術史

1951年
昭和26
2月
わが国で初めて、圧抽方式によるコプラ搾油に成功
わが国で初めて、圧抽方式によるコプラ搾油に成功
1954年
昭和29
2月
パーム核油の搾油を開始
1955年
昭和30
9月
油脂溶剤分別結晶の本プラント完成。わが国初のハードバター製造を開始
1959年
昭和34
シア脂の油脂溶剤分別を始める
1960年
昭和35
9月
連続抽出装置完成、脱脂大豆の高度利用が始まる
1961年
昭和36
12月
半連続脱臭装置完成
パーム油の分別を始める
1962年
昭和37
2月
エキスペラーによるココア豆搾油を開始
1963年
昭和38
洋生チョコレート生産技術を開発
1965年
昭和40
コプラ処理量が日本一になる
1966年
昭和41
ゲル形成能を有する大豆たん白製造法を完成。後に世界10ヵ国で特許取得
乳化技術によるクリーム用油脂を開発
大豆たん白分離技術を開発
1967年
昭和42
12月
大阪工場で分離大豆たん白の生産開始
1968年
昭和43
2月
世界で初めて、高油分クリームの直接加熱殺菌に成功
1969年
昭和44
マーガリン生産技術を開発
大豆たん白組織化技術を開発
1970年
昭和45
ノーテンパーハードバターの生産技術を開発
ショートニング生産技術を開発
1973年
昭和48
3月
大豆たん白食品生産開始
コンパウンドマーガリン生産技術を開発
冷凍がんも技術を開発
1974年
昭和49
大豆たん白繊維化技術を開発
1975年
昭和50
即席麺用〈油揚げ〉技術を開発
1976年
昭和51
分別技術アルコール・ヘキサン法を完成
1978年
昭和53
9月
間接加熱殺菌技術を導入し、ショーリーパック詰めトッピングを発売
アイスガナッシュ生産技術を開発
1979年
昭和54
6月
「大豆たん白質栄養研究会」発足
(現 公益財団法人不二たん白質研究振興財団の前身)
「大豆たん白質栄養研究会」発足(現 公益財団法人不二たん白質研究振興財団の前身)
1980年
昭和55
酵素エステル交換技術を完成
パイマーガリン製造技術を導入
酵素エステル交換技術を完成
1981年
昭和56
2月
連続自動ホイッパー「ホイップマスター」の開発完成
1983年
昭和58
たん白造粒技術を開発
1984年
昭和59
凍結耐性クリーム生産技術を開発
ホイップクリームの連続生産技術を開発
1985年
昭和60
複合溶剤分別技術によるハードバターの高品質化
大豆たん白の酵素処理技術(大豆ペプチド)開発
大豆たん白の製膜技術を完成
1986年
昭和61
4月
日本油化学協会から「溶剤分別法によるハードバター製造技術の開発と工業化」
の業績により工業技術賞受賞
2軸エクストルーダーによる大豆からあげ生産技術開発
1988年
昭和63
焼プリン連続生産技術開発
フレッシュタイプのフィルドチーズ生産技術を開発
1989年平成1
パーム核油乾式圧濾分別技術確立
油脂着味技術を開発
成型チョコレート生産技術を開発
1990年平成2
調味用クリーム技術開発
1991年平成3
ドライチョコレート生産技術を開発
1992年平成4
9月
スペースシャトル「エンデバー」でリパーゼの実験
圧延油の技術を開発
低油分クリーム生産技術を開発
1993年平成5
パーム油乾式圧濾分別技術を完成
ベシャメルソースベース生産技術を開発
水溶性大豆多糖類生産技術を完成
1994年平成6
6月
コジェネレーションシステムを導入、阪南事業所に1号機竣工
1995年平成7
冷凍パイ生地生産技術を開発
1996年平成8
7月
エステル交換油脂が米国食品医療局FDAよりGRAS
(一般に安全と認められる)認定
1997年平成9
機能性粉末油脂技術を開発
豆乳生産技術(新クリア製法)完成
特殊乳酸菌発酵による豆乳ヨーグルト技術を開発
発酵乳使用新フィリング生産技術を開発
1998年平成10
大豆イソフラボン抽出技術を開発
1999年平成11
ホイップチョコレート用油脂生産技術を開発
高粘度クリーム生産技術を開発
冷凍とうふ生産技術完成
遠赤外線焼成技術完成
業務用豆乳製品生産技術完成
2000年平成12
11月
水溶性大豆多糖類、近畿地方発明表彰「特許庁長官奨励賞」を受賞
ホイップ済みクリーム生産技術を開発
2001年平成13
6月
水溶性大豆多糖類、全国発明表彰にて特別賞受賞
劣化臭抑制フライ油脂生産技術を開発
アロマ製法によるチョコレートの新風味技術を開発
O/W乳化チョコレート生産技術を開発
粉末状大豆たん白の新風味改良技術を開発
冷凍湯葉生産技術を開発
2002年平成14
着味油脂利用の新風味マーガリン生産技術を開発
水溶性大豆イソフラボン抽出技術を開発
大豆サポニン抽出技術を開発
2003年平成15
酵素処理コプラミール生産技術を開発
機能性パーム調合油脂生産技術を開発
大豆たん白分画技術(大豆β-コングリシニン)を開発
業務用濃厚豆乳製品生産技術を開発
2004年平成16
チョコレート用油脂乾式圧濾分別を開発
発酵風味剤使用の新風味マーガリン生産技術を開発
おいしさ維持機能クリーム生産技術を開発
濃厚ミルクチョコ生産技術を開発
2005年平成17
パーム核油の乾式二段圧濾分別を始める
濃厚ビターチョコ生産技術を開発
食物繊維訴求型大豆たん白食品生産技術を開発
大豆胚軸ギャバ生産技術を開発
飲料向け豆乳(無菌殺菌)生産技術を開発
2006年平成18
4月
水溶性大豆多糖類の開発で文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞

エステル交換によるノーテンパーハードバター生産技術を開発
おいしさ維持機能製品の生産技術を開発
・練りこみクリーム、マーガリン
・洋菓子ホワイトボディ材
2軸エクストルーダーによる大豆たん白のスナック化技術を開発
オリゴペプチド生産技術を開発
大豆乳、発酵大豆乳生産技術を開発
水溶性大豆多糖類の開発で文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞
2007年平成19
エステル交換による低トランス化技術を開発
低油分化技術(クリーム、チョコレート)を開発
新製法による風味改良粉末状大豆たん白生産技術を開発
2008年平成20
低油分化技術(マーガリン)を開発
新水溶性大豆多糖類製造技術を開発
濃厚流動食用大豆たん白製造技術を開発
機能性発酵豆乳生産技術(抗菌抗カビ性)を開発
2009年平成21
油脂結晶利用技術(粉末油脂など)を開発
新粒状大豆たん白生産技術(風味、食感改良)を開発
2010年平成22
呈味強化機能を有する油脂生産技術を開発
フライ油の酸価上昇抑制技術を開発
新規食肉用粉末状大豆たん白生産技術を開発
2011年平成23
低トランス非テンパリング型ハードバター生産技術を開発
2012年平成24
10月
世界初の大豆分離分画技術USS(Ultra Soy Separation)製法を開発
世界初の大豆分離分画技術USS(Ultra Soy Separation)製法を開発
2015年平成27
ミラノ国際博覧会日本館において、USS製法が紹介される
ミラノ国際博覧会日本館において、USS製法が紹介される
USS製法による豆乳・豆腐の新カテゴリー製品開発で、相模屋食料と共同で
「ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞」を受賞
USS製法による豆乳・豆腐の新カテゴリー製品開発で、相模屋食料と共同で「ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞」を受賞
2016年平成28
安定化 DHA・EPAを開発
動物由来原料を含まないチーズ様食品の製造技術
2017年平成29
USS製法繊維質非分離製造法の確立
酸性飲料用大豆たん白製造技術を開発
2018年平成30
2月
ミートレスハンバーグ、ソイカツを開発

大豆ルネサンス講座の「大豆中のコク味物質」の研究が、日本農芸化学会・論文賞を受賞
酵素処理ヤシ粕「マンノクリーンβ」の飼料機能研究が日本応用糖質学会より技術開発賞を受賞
大豆舞珠 まめまーじゅ 」が大阪工研協会より工業技術賞を受賞

フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)
  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。
    お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。
  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品名 必須
用途 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品名
用途
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。