グループ会社一覧

大豆のサステナブル調達

マネジメント情報

事業活動との関わり

不二製油グループは、大豆が将来の世界の食糧危機を救うと考え、1957年以来、他社に先駆けて食品素材としての大豆の可能性を追求し、大豆ミートに代表される大豆素材加工事業を育ててきました。同事業では、丸大豆以外に、脱脂大豆や大豆たん白など大豆由来の原料を調達しています。また、植物性油脂事業用に重量ベースで全体の数%程度ですが、大豆油も調達しています。
大豆は、冷帯から熱帯まで幅広い地帯で栽培され、世界で最も広く使用されている食品原料の一つです。近年大豆を原材料とする大豆ミートや豆乳製品などは、世界の人口が増え続ける中、地球規模で食課題を解決する食材の一つとして注目を浴びており、健康志向の拡大にも後押しされその重要性は高まっています。
一方、大豆の生産地では、森林や生態系の破壊、農薬散布による農園地域の土壌汚染などの環境問題に加え、一部の地域では先住民・コミュニティの権利侵害などの人権問題も生じていると認識しています。

考え方

不二製油グループは、大豆製品へのニーズが増大する中、お客様からの期待に応えながら、同時に大豆の生産現場における社会課題も解決していくために、2021年6月に「責任ある大豆、大豆製品の調達方針」を策定の上、持続可能な大豆調達を実現するための中長期目標とKPIを設定しました。
当社グループは、人と環境に配慮したサプライヤーから責任ある方法で生産された大豆や大豆製品を調達するとともに、大豆・大豆たん白原料のサプライヤーとのエンゲージメントによりサプライチェーン上の問題の把握と解決に努めてまいります。

推進体制

大豆のサステナブル調達については、最高経営戦略責任者(CSO)が管掌しており、グローバルサステナブル調達委員会のもとに設置された大豆に関する分科会において、2030年までのロードマップに沿った施策を推進しています。
また、ESGマテリアリティ※1の一つとして、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。

目標・実績

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

中長期目標 KPI 2020年度目標 2020年度実績 自己評価
2030年 2025年
森林破壊ゼロ、搾取ゼロ コミュニティレベルまでのトレーサビリティ確保、またはRTRS認証品もしくはRTRS認証に準じたその他認証品での調達率:100% 第一次集荷場所までのトレーサビリティ確保、またはRTRS認証品もしくはRTRS認証に準じたその他認証品での調達率:100% 大豆のサステナブル調達に関する方針の骨子策定 「責任ある大豆・大豆製品調達方針」骨子を策定した。
  • ※ RTRS:Round Table on Responsible Soy Association(責任ある大豆に関する円卓会議)。

考察

2016年のパーム油から着手した不二製油グループの調達方針策定、中長期目標およびKPI設定は、大豆を取り巻く環境・人権問題への社会的な注目の高まりを背景に、大豆・大豆たん白原料まで対象を広げました。2020年5月に責任ある大豆の生産・取引・使用拡大を促進するNPOのRTRSに加盟し、外部機関の指導を受けたことで、2020年度中に方針の骨子を策定することができ、2021年6月の方針策定に至りました。今後は、目標達成のためにトレーサビリティの向上を図ることで現場の問題の把握に努め、一つずつ問題の解決に取り組んでまいります。

Next Step

大豆のサステナブル調達では、主に北米、中国産の大豆や大豆たん白原料を対象としていますが、生産地の問題を把握するためにトレーサビリティの向上が重要です。この課題への対策として、以下の2021年度目標に取り組んでまいります。

  • トレーサビリティ目標・KPIの設定(2021年6月に設定済み)
  • 2030年目標における「コミュニティ」の定義の確定
  • ※ 現在当社グループが購入している大豆および大豆製品の約75%にあたる。残る約25%に相当する大豆油と大豆レシチンについては詳しいデータを収集していく必要があり、2022年度末までにKPIを設定する予定。

具体的な取り組み

責任ある大豆・大豆製品調達方針達成のための課題解決アプローチ

社会課題 課題解決アプローチ 対象地域
地球環境 第一次集荷場所までのサプライチェーンの把握 北米、中国
地球環境と人権 RTRS加盟による情報収集 グローバル

第一次集荷場所までのサプライチェーンの把握

現在、日本市場においては流通履歴を100%管理できていますが、海外市場においては、多数の生産農家から大豆を集め搬入する第一次集荷場所までのトレーサビリティの確保に課題があります。
トレーサビリティの向上については地域ごとに進捗に違いがありますが、調達におけるリスクをより具体的に把握しながら、改善を進めていきます。また2025年以降はさらに上流に位置するコミュニティレベルまで踏み込んだ追跡を進めていく計画です。

RTRS加盟による情報収集

グローバルなプラットフォームの一つであるRTRSへ2020年に加盟し、情報収集をした上で調達方針を策定しました。次のステップとして、地域ごとに取り組みを計画しています。
例えば、南米地域においては、アマゾンなどで森林破壊と生物多様性の損失が指摘されています。今後トレーサビリティを向上させる過程でサプライヤーとのエンゲージメントを行い、保護価値の高い森林や炭素貯蔵量の多い森林の定義・手法に基づいたトレーサビリティの向上に取り組みます。また、GAPの考え方に基づいた評価も必要要件として組み入れてまいります。

  • ※ GAP:Good Agricultural Practices(農業生産工程管理)。

非遺伝子組み換え大豆の調達

不二製油グループの大豆加工素材事業では、北米産、中国産、日本産の大豆原料のみを調達しており、その全てが非遺伝子組み換え大豆です。北米では、遺伝子組み換え大豆と非遺伝子組み換え大豆がともに多く流通しているため、北米産大豆に関しては栽培、輸送および保管において厳しい分別管理を行っています。
中でも主要な調達先である中国では、遺伝子組み換え大豆の栽培は禁止されていますが、近年は搾油原料として海外産の遺伝子組み換え大豆が中国に輸入されており、年々、非遺伝子組み換え大豆を厳格に分別管理することの重要性が増してきています。中国産大豆の調達についてもグループで連携し、不二製油(株)で得た管理ノウハウを取り入れ、厳しい管理要求に継続的に対応しています。

  • ※ 遺伝子組み換え大豆:安定的に大豆を収穫するために、除草剤耐性などの機能を、遺伝子を組み換えることで付与した大豆。