グループ会社一覧

パーム油のサステナブル調達

マネジメント情報

事業活動との関わり

パーム油は、東南アジアなどの熱帯地域に植生するアブラヤシから取れる油です。不二製油グループは、主にマレーシアとインドネシア産のアブラヤシから取れるパーム油を調達し、基幹原料の一つとして植物性油脂事業などで使用しています。パーム油は、ほかの植物性油脂と比べて加工しやすく単位面積当たりの収穫量が大きいため、食品から化学品まで幅広く使われており、世界の植物性油脂原料の中で最大の生産量となっていますが、農園開発に起因する森林破壊や、強制労働・児童労働などの人権侵害が危惧されています。

考え方

不二製油グループは、2016年3月に「責任あるパーム油調達方針」を策定しました。本方針では、人々と地球環境を尊重するサプライヤーから責任ある方法で生産されたパーム油を調達することを約束しています。今後も、パーム油が持続可能な油脂原料として世界に受け入れられるよう、責任あるパーム油調達を推進していきます。

推進体制

パーム油のサステナブル調達については、最高経営戦略責任者(CSO)が管掌しており、グローバルサステナブル調達委員会のもとに設置されたパーム油に関する分科会で、2030年までのロードマップに沿った施策を推進しています。
また、ESGマテリアリティ※1の一つとして、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。

目標・実績

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

中長期目標 KPI 2020年度目標 2020年度実績 自己評価
2030年 2025年
森林破壊ゼロ、
泥炭地開発ゼロ
搾取ゼロ
N/A N/A TTM※1:100% 100%
TTP※2:100% TTP:75% TTP:60% 71%
N/A N/A サプライチェーン改善活動やグリーバンス(苦情処理)メカニズム運営における「サスペンション(取引一時停止)&エンゲージメントプロトコル」の導入を推進
  • 直接サプライヤーとのエンゲージメントによるグリーバンスリスト※3の定期的な更新
  • 改善の見られない一部の間接サプライヤーとの取引一時停止
労働環境改善プログラム適用率:100%
(全直接サプライヤー)
労働環境改善プログラム適用率:100%
(パルマジュ エディブル オイル(マレーシア)※4の全サプライヤー)
20%
(パルマジュ エディブル オイル(マレーシア)の全サプライヤー)
10%
(パルマジュ エディブル オイル(マレーシア)の全サプライヤー)
  • ※1 TTM:Traceablity to Mill(搾油工場までのトレーサビリティ)。

  • ※2 TTP:Traceablity to Plantation(農園までのトレーサビリティ)。

  • ※3 グリーバンスへの最新の対応状況、詳細については、以下のURLの「Grievance List」をご参照ください。

    https://www.fujioilholdings.com/en/sustainability/grievance_mechanism/

  • ※4 パルマジュ エディブル オイル(マレーシア):不二製油グループ本社の100%子会社の油脂製造拠点。

考察

サプライチェーン改善の第一歩は、購入・使用するパーム油について、どの地域で生産されたものなのかを特定することです。近年パーム油を取り扱う企業においては、自社のサプライチェーン上の搾油工場までのトレーサビリティや搾油工場リスト(ミルリスト)、グリーバンスリストなどの情報公開が進み、サプライチェーンに関するデータの入手やサプライヤーとのエンゲージメント状況の把握などが以前より容易になりました。
不二製油グループにおいては、2020年までに搾油工場までの完全なトレーサビリティを実現することを第1段階の目標として、NPOのEarthworm Foundationのメンバーとなり、サプライヤーと協働したことが、搾油工場までのトレーサビリティ(TTM)100%達成に寄与しました。
また、大手サプライヤーでの農園までのトレーサビリティ(TTP)スコア導入や、パルマジュ エディブル オイル(マレーシア)の農園までのトレーサビリティ改善についてサプライヤーから協力を得られたことが、TTPスコアの大幅な改善に寄与しました。他方で、今後サプライヤーのTTPスコアに関しては、ディーラーの経由などサプライチェーンの複雑さや情報の機密性などにより、改善に時間を要することが予想され、結果として当社グループのTTPスコアの伸びは鈍化すると思われます。
パーム油の生産における小規模農家の割合が高いことから、今後も森林伐採のルールや、土地の権利、雇用されている労働者の権利など取り掛からなければならない課題は多くあると認識しています。サプライチェーン改善への取り組みに配分するリソース確保に努めるとともに、問題意識を持ち続けていくことが重要であると考えています。

Next Step

パーム油のサステナブル調達では、NDPE(森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、搾取ゼロ)達成に一歩でも近づいていくために取り組みの継続が重要です。この課題への対策として、昨年度に引き続き、以下2021年度目標に取り組んでまいります。

  • TTM:100%
  • TTP:73%
  • 衛星写真による森林破壊防止のモニタリングの定期的実施と、その結果としてサプライチェーン改善活動やグリーバンスリストの対応を推進
  • パルマジュ エディブル オイル(マレーシア)のサプライヤーへの労働環境改善プログラムの適用

具体的な取り組み

責任あるパーム油調達方針達成のための課題解決アプローチ

社会課題 課題解決アプローチ 対象地域
地球環境 衛星写真によるモニタリング インドネシア、マレーシア
人権 労働環境改善プログラム(LTP)の適用 マレーシア
地球環境と人権 ランドスケープイニシアチブ インドネシア・アチェ州
認証油の拡大 グローバル
グリーバンス(苦情処理)メカニズム グローバル

衛星写真によるモニタリング

不二製油グループは、インドネシア、マレーシアなどの当社グループのサプライチェーン上で引き起こされる森林破壊を特定、モニタリング、検証するために、2020年度よりNPOのAidenvironmentより衛星写真情報の提供を受けています。衛星写真情報を確認・分析することは、サプライチェーンにおける森林破壊へ対応し、解決に向けたステップを進めるために重要です。Aidenvironmentによる衛星写真情報の提供を受けることで、サプライヤーとのコミュニケーションによる解決策の検討や、グリーバンスへの対応およびNGOなどのステークホルダーとのコミュニケーションがより円滑に行えるようになります。具体的には、定期的に自ら入手した情報をもとに、当社グループに持ち込まれる全ての森林破壊の申し立てに対して検証を開始できるようになり、また、当社グループのサプライチェーン上の申し立てとそれ以外とに特定することも可能となりました。
全てのケースを調査するには時間を要しますが、調査結果については定期的にグリーバンスリストへ反映し、情報更新を行う予定です。

労働環境改善プログラム(LTP)の適用

パーム油のサステナビリティ推進のためのパートナーであるNPOのEarthworm Foundationと協力して、不二製油グループのサプライチェーンにおいて労働環境改善プログラム(LTP)を開始しました。このプログラムをパルマジュ エディブル オイル(マレーシア)の直接サプライヤーに順次導入していく計画です。サプライヤーへのLTPのスコープは下記の8点です。

  • 移動の自由
  • 雇用契約
  • 倫理的雇用
  • グリーバンスメカニズム(苦情処理システム)
  • 賃金および労働時間
  • 結社の自由
  • 安全衛生
  • 労働者の住居

このプログラムは1対1の対面式で、サプライヤーの事業や供給拠点における人権リスクを低減するために以下の取り組みを行うことで、サプライヤーのキャパシティ・ビルディングを支援します。

  • サプライヤーがコンプライアンスを遵守するための情報や支援文書の提供
  • 専任のスタッフや部署に対する具体的な研修の実施
  • 業界の要求事項に対するサプライヤーの意識啓発
  • サプライヤーの労働基準への国際基準適用の支援
  • サプライヤーにおける認証または顧客要求への対応支援

サプライヤーとの対面式によるエンゲージメントを前提としているため、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により現地訪問が困難になりLTP導入が停滞していますが、リモート方式を採用するなど対応を検討していく予定です。

  • ※ LTP:Labour Transformation Programme。

ランドスケープイニシアチブ

搾油工場までの追跡を行った結果、インドネシアのスマトラ島のサプライチェーンにおいて、環境・生態系の観点から重要なエリアが森林破壊のリスクにさらされていることが分かりました。このリスクを低減・是正するために、不二製油グループは2018年度より「APT(Areal Prioritas Transformasi)ランドスケープイニシアチブ※1」に参画しています。
「APTランドスケープイニシアチブ」では、農園開発の脅威にさらされている、インドネシアの貴重な熱帯雨林であるルセル・エコシステムの2地域(アチェ タミアン・南アチェ)を対象に、地元政府・NGO・企業・農園などのマルチステークホルダーが連携して活動を展開しています。ランドスケープアプローチ※2を用いて、主に以下の取り組みを進めています。

  • 計画への地元政府の巻き込み
  • HCV/HCS※3地域のマッピングを行い、その地域を保護することで森林破壊を削減
  • 小規模農家を対象とした、生計の向上につながるパーム以外の換金作物栽培の指導、森林破壊予防ワークショップの開催
  • 搾油工場および農園によるNDPE方針導入促進のためのワークショップ実施および現状の取り組み強化

2020年までに約1,000haのHCS/HCV地域をマッピングしました。また、地域の94%の農園や搾油工場でNDPEの趣旨および実施に関する研修を実施し、約2,100世帯の小規模農家がこのプログラムに参加しました。今後も対象を広げていく計画です。

  • ※1 「APTランドスケープイニシアチブ」活動の詳細については、以下のURLをご参照ください。

    https://www.earthworm.org/our-work/projects/aceh-tamiang-sumatra-indonesia/

  • ※2 ランドスケープアプローチ:特定した地域について、パーム農園に限らずNGOやコミュニティ・政府などのマルチステークホルダーが参画し、地域全体で改善を図るアプローチ。

  • ※3 HCV/HCS:High Conservation Value(高保護価値)/High Carbon Stock(高炭素貯蔵)。

認証油の拡大

パーム油の持続可能な生産・消費体系を構築する趣旨に賛同し、不二製油グループは2004年より、RSPO※1に加盟し、認証油の取り扱いを進めてきました。
RSPOは最も業界に認知されている国際的な認証制度です。RSPOはパーム油業界の7つのセクターの利害関係者を束ねるNPOで、持続可能なパーム油に関するグローバルな基準を策定し実施しています。開発された基準には、持続可能な認証パーム油(CSPO)を生産するために会員企業が遵守しなければならない環境・社会基準が含まれています。これらの基準が適切に適用されれば、パームの栽培が環境やパーム油生産地域のコミュニティに与える悪影響を最小限に抑えることができます。当社グループは、RSPOの新ルールである「責任の共有」を実践し、CSPOの取引を年々拡大していきます。需要が供給を下回っていることや、小規模農家にとって基準を遵守するのが困難であることなど、改善すべき点はありますが、それらを考慮してもRSPOは認証油の拡大において不可欠な存在であり、同団体への参画は当社グループにとって重要だと考えています。
2020年、当社グループの認証油取扱量はパーム油取扱総量の約32%になりました。これはUnited Plantations Berhad(ユナイテッドプランテーション社)との合弁会社であるユニフジ(マレーシア)の供給能力の拡大が、需要の拡大に合致したことが大きく貢献したためです。今後は同じマレーシアのパルマジュ エディブル オイルにおいてさらに認証油の取り扱いを増やすべく戦略的サプライヤーとの協業を深めていき、お客様の要望に対応するため取り組みを一層進めてまいります。※2

  • ※1 RSPO:Roundtable on Sustainable Palm Oilの略。持続可能なパーム油のための円卓会議。

    ※2 私たちの進捗状況を www.rspo.org/ でチェックしてください。

グリーバンス(苦情処理)メカニズム

「責任あるパーム油調達方針」を実現する目的で、2018年5月にグリーバンスメカニズムを構築・公表しました。グリーバンスメカニズムは、ステークホルダーから不二製油グループに提起されたサプライチェーン上の環境・人権問題について、「責任あるパーム油調達方針」に基づいて直接サプライヤーとのエンゲージメントを行い、問題を改善する仕組みです。
2020年度は、今までのグリーバンスメカニズムの運用から得た経験から、当社グループのグローバルなパーム油サプライチェーンで提起されたグリーバンスをどのように処理するかのプロセスを示したグリーバンスプロシージャ―(苦情処理手順書)を改訂しました。具体的には、グリーバンスメカニズムの対象範囲を拡大し、グリーバンスを受けた企業だけでなく、その親グループが運営する他のパーム油企業も含め、グループレベルでのグリーバンス対応を行うことを可能にしました。また、当社グループおよび当社グループのサプライヤーに対して提起された全てのグリーバンスへの対処をさらに強化するために、「サスペンション&エンゲージメントプロトコル(一時停止・積極的関与手順)」を導入しました。
対象・モニタリングの拡大によって、木材やゴムなど他産業や間接サプライヤーへの影響力の行使がどこまで実効性を持つかは課題として残りますが、これらにより、当社グループおよび当社グループの直接・間接サプライヤーに対する苦情に対処するための枠組みとメカニズムを提供することができます。
また、当社グループは、透明性を持ってグリーバンスに対応するために「グリーバンスメカニズム」のウェブページ(英語)を設置しています。本ウェブサイトにおいて、少なくとも四半期に一度、受け付けたグリーバンスへの対応状況を更新し、ステークホルダーの皆様へ情報を開示しています。
こうした取り組みが「責任あるパーム油調達方針」に反する疑いのある事象を公正、公平、誠実かつ透明性を持って解決していくことにつながると確信しています。

学術機関・NGO・業界との協働

①育種研究による生産性向上

パーム油の消費量が世界的に拡大する一方、アブラヤシの栽培に適した地域は非常に限られていることから、アブラヤシの品種改良によって生産性と品質を高め、単位面積当たりの収穫率を向上させていくことが求められています。不二製油グループでは、世界最大のパーム油生産国であるインドネシアの研究機関、インドネシア技術評価応用庁(Badan Pengkajian dan Penerapan Teknologi:BPPT)と「パームの生産性の向上および高品質化に向けた共同研究」を2011年より実施しています。アブラヤシの優良苗の生産や、品種改良につながる組織培養技術の大幅な改良成功など、これまでの研究成果はインドネシアでのパーム研究の発展に寄与しており、「Jurnal Biteknologi & Biosains Indonesia」にも掲載されました。今後も、パーム油産業の発展に貢献していくとともに、パーム農園の拡大に伴う熱帯雨林の減少などの地球環境問題の改善を図り、持続可能なパーム油生産に貢献していきたいと考えています。

育種研究が進められているBPPTバイオテクノロジー研究所

パームの組織培養の様子

②マレーシア・サバ州での小規模農家支援活動

パーム農園における環境・人権問題の要因の一つとして、小規模農家による生産性の低い農園運営が指摘されています。小規模農家が環境的・社会的・経済的に持続可能な農園運営のノウハウを得られるよう、不二製油グループは2016年1月、サプライヤーとWild Asia(NGO)による小規模農家支援プロジェクト(WAGS:Wild Asia Group Scheme)に参画しました。本プロジェクトでは、小規模農家における生産性向上と環境・人権に配慮した方法での農園運営の両立を目指し、マレーシアのサバ州の小規模農家に対して教育支援を提供しています。
現在は、2020年6月から2023年5月の3年間で、390軒の農家のRSPO認証取得支援を目指しています。2020年度は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、一時的に対面形式での小規模農家へのトレーニング提供に影響があったものの、その期間もWild Asiaが小規模農家に対して電話などでサポートを継続しました。2020年度の活動を通して、33軒の小規模農家がRSPO認証を新規取得し、84軒の小規模農家が認証取得を維持できるよう支援しました。小規模農家によるRSPO認証の取得は、小規模農家が人権・環境に配慮したパーム油生産を行えるようになることを意味しています。
また、2020年度より新たにWild Asiaが主導するBIO Farm Projectについても支援を開始しました。BIO Farm Projectでは、パーム油の小規模農家の収益性向上と農園の土壌の改善を目的に、化学肥料を使わない農法を農家に指導します。例えば、切り落としたアブラヤシの葉など、農園で発生する廃棄物を肥料として活用する方法を小規模農家に伝授することで、化学肥料の使用を削減できるため、小規模農家にとってはコストカットにつながります。現在は一部の農家に対して試験的に教育・適用を進めており、2020年は新たに5軒の農家がWild Asiaの定義する「BIO Farm」として認定されました。
2021年度も引き続き、小規模農家の認証取得支援、およびBIO Farm Projectの支援を継続してまいります。

③The Consumer Goods Forum Japan Sustainability Local Group パーム油ワーキンググループ

不二製油グループは、消費財の国際的な業界団体であるThe Consumer Goods Forum(TCGF)のJapan Sustainability Local Groupの一つである「パーム油ワーキンググループ」に、2017年度の設立当初から参画しています。

④Japan Sustainable Palm Oil Network

不二製油グループ本社は、持続可能なパーム油の調達と消費を日本の産業界全体に促す趣旨に賛同し、2019年度よりJapan Sustainable Palm Oil Networkに正会員として加盟しています。

⑤Palm Oil Collaboration Group

不二製油グループ本社は、NDPEへのコミットの効果的な実行を目指したパーム油サプライチェーンに関わる企業団体であるPalm Oil Collaboration Groupに2020年度から参画しています。

トピックス「子どもたちへの教育・啓発」

サステナブル調達を推進するためには、消費者・市場に対する働きかけも重要なテーマの一つとなります。不二製油グループは、次代を担う学生への教育が肝要であると考え、一般社団法人Think the Earthによる「SDGs for School」の出前授業に賛同し、その授業で使用するチョコレートの協賛を通して、学生に持続可能なパーム油、ひいては持続可能な社会について考えてもらう機会の提供に努めています。

関連資料