グループ会社一覧

食の安全と品質の徹底

マネジメント情報

事業活動との関わり

不二製油グループは食品素材メーカーとして、食の安全に影響を与え得ることを認識しています。製品設計から原料調達、製造、出荷、そして消費者が口にするまでを考慮して、食の安全と品質を徹底させることが重要であると考えています。

考え方

不二製油グループは、安全・安心な製品を社会に提供することを前提に、事業活動を展開しています。当社グループでは、お客様に安心して、安全な製品をご使用いただくために「品質基本方針」を定め、製品設計からお客様にお届けするまで、お客様の目線に立った製品づくりを目指しています。品質保証規程に基づく品質および食品安全マネジメントの強化、従業員の継続的な品質意識向上のための活動を推進することで、食の安全と品質の徹底に貢献できると認識しています。

品質基本方針

  • 法およびその精神を順守し、安全・安心な商品をお客様にお届けする。
  • 創造的な商品を開発し、タイムリーにお客様にお届けする。
  • 顧客満足度の向上に努める。
  • 真意の伝わるコミュニケーションで問題解決に努める。

推進体制

食の安全と品質の徹底については、最高ESG経営責任者(C“ESG”O)の管掌のもとで取り組みを推進しています。また、ESGマテリアリティ※1の一つとして、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。
不二製油グループでは、品質に関するお客様からの苦情、クレーム、お問合せについて、営業部門やお客様相談室が受け付けています。これらは各グループ会社の品質保証部または品質保証を担っている部署で精査され、適切な部署で検証や調査を実施しています。その後、責任部署の確認を経て営業部門からお客様へ回答しています。
また、各グループ会社で受け付けしたお客様の苦情、クレームのデータは、各社が収集・分析しています。不二製油グループ本社はそれらの情報を集約・分析し、経営会議に報告の上グループ会社全体で情報共有しています。

目標・実績

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

2020年度目標 2020年度実績 自己評価
重大品質クレームゼロを実現するための従業員の品質意識向上
  • 各グループ会社の品質に関する集団教育状況を調査し、品質(食品安全)意識向上に資する5S活動などの教育資料を配布。
  • リモート監査や不適合箇所改善確認のフォローアップミーティングを通じた各グループ会社への衛生管理資料などの提供。
  • 重大品質クレーム0件。
品質管理者間ネットワークの構築の推進
  • 双方向的な情報発信と関係強化を目的に、品質担当者用の品質情報共有プラットフォームを構築。
  • ※ 重大品質クレーム:リコール(商品回収)が必要な、健康危害を与えるまたは法律違反している食品事故。

考察

新型コロナウイルス(COVID-19)により、各グループ会社における従業員の感染防止対策、人手不足への対応などの管理面の負荷が大きくなりましたが、各社が継続的な是正処置・予防処置の実施により、製造現場の衛生管理維持に努めたため、重大品質クレーム(リコール)は発生しませんでした。また、品質保証の要求レベルの高まりを背景に、各社担当者がグループ会社内での情報共有の重要性について認識していたため、スムーズに品質情報共有プラットフォームの構築ができました。

Next Step

食の安全と品質の徹底において、品質クレーム削減とグループ会社の品質保証レベル向上が重要です。これら課題への対策として、以下の2021年度目標に取り組んでまいります。

  • 重大品質クレームゼロを実現するための従業員の品質意識向上
  • 品質担当者が直接アクセスできる品質情報プラットフォームの利用推奨と品質担当者間の関係強化

具体的な取り組み

リスク管理と対策

品質マネジメント体制

不二製油グループでは、「不二製油グループ安全品質環境基本方針」を事業活動に適用するため、各グループ会社で品質マネジメント体制を構築しました。また、当社グループとして「品質保証規程」を制定し、同規程に基づき各グループ会社の管理状況についてモニタリング(安全・品質・環境監査)を実施しているほか、取り組みの共有化・グループ内の好事例や管理ノウハウの横展開を行っています。

マネジメント認証の取得

マネジメント認証の取得状況の詳細については、以下のURLをご参照ください。

品質管理者間のネットワーク構築

潜在的なリスク(他グループ会社の経験知を共有していない、自国以外の最新の食品規制情報や国際的な食に関するトレンドを共有していないなど)の低減・解消に努め、また、問題発生時には相互に協力して速やかな解決を図るため、各グループ会社の持つ資源(経験に基づくノウハウ・地域特有の規制動向など)を相互活用できるネットワークの構築を進めています。具体的には、包括的に品質保証に携わる品質管理者間での情報共有を促進し、品質保証体制の向上を目指します。

食の安全に関するリスク管理手法

食の安全に関するリスクについても、不二製油グループ全体のリスクマネジメントシステムの中で、各グループ会社および関係部門が管理・対応しています。

食の安全に関するリスクと対策

不二製油グループ全体での2020年度のリスクアセスメントの結果、食の安全に関して、異物やアレルギー物質、不適切な原材料の混入リスクが改めて認識されました。これらについては、食品安全マネジメント認証や品質マネジメント認証の取得、内部監査での重点的な評価・指導・改善、および3S活動や5S活動の実施強化により低減に努めています。

教育

不二製油グループでは、従業員の品質意識の向上のために教育活動を行っています。不二製油(株)では行動指針を掲げ、各工場での取り組みを支援するとともに、衛生講演会などを実施しています。2020年度は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により例年実施の衛生講演会を中止し、代わりにeラーニングによる教育啓発活動を実施しました。
そのほか、日本産業界の「品質月間委員会」が定める品質月間(毎年11月)に参画しています。品質月間においては、品質テーマを決めて周知徹底を図るなど、従業員全員の意識の啓発に力を入れています。
また、当社グループ全体の品質マネジメント水準を向上させるべく、海外グループ会社に向けて、新たに導入した分析機器の技術指導を継続して行っています。グループ内の先進的な分析技術をほかのグループ会社に広め、より安全・安心な製品を世界中のお客様にお届けできるよう、今後もグループ間の技術交流を広めてまいります。

製品表示

不二製油グループの製品は、表示内容が販売する国によって大きく異なるため、各グループ会社の品質保証部もしくは品質保証を担っている部署が情報を収集し、各国・各地域の法令にのっとった製品表示の徹底に努めています。
例えば、不二製油(株)では、法令については品質保証部が毎日情報収集し、改正があれば日々配信している「食品安全情報」を通じて社内関係者に伝えることで、迅速かつ的確に製品表示に反映しています。また、製品表示の内容で法令に反する誤りがないか、実際に表示する前に開発部門・生産部門・品質保証部などの担当者がチェックする仕組みをつくり、管理を徹底しています。さらに、お客様が求める情報は、商品規格書や不二製油(株)ウェブサイトなどでタイムリーに開示することで透明化を図っています。
2020年度、製品表示に関する重大な違反は、国内および海外グループ会社において発生していません。

リコール・事故の状況

2020年度、不二製油グループにおいてリコールは発生しませんでした。

年度 リコール発生件数 内容
2020 0
2019 0
2018 1 2018年3月フジオイル ヨーロッパ(ベルギー)製造の一部の油脂製品およびチョコレート製品で、EU規則による上限値を上回るグリシドールエステルが含まれる事案が発生し、リコールを実施しました。全ての対象商品について消費者に販売される前に回収されたことを確認の上、再発防止策を講じました。
  • ※ グリシドールエステル:油脂を精製する過程で発生する物質で、発がん性などの人体への影響の観点から、欧州では既に含有量について法制化されており、CODEXにおいても安全性について議論されている物質。