グループ会社一覧

カカオのサステナブル調達

マネジメント情報

事業活動との関わり

不二製油グループの業務用チョコレート事業では、基幹原料として、ココアリカー※1・ココアバター※2・ココアパウダー※3などのカカオ原料を使用しています。
ガーナ、コートジボワール、エクアドルなどのカカオの生産地においては、小規模農家が大半を占めており、貧困に起因する児童の教育や労働に関する諸問題、気候変動による生産地への影響、知識や資材不足による生産効率の低さ、栽培地拡大のための森林伐採といったさまざまな社会課題があり、これらの解決のための複合的な取り組みが必要です。
また新型コロナウイルス(COVID-19)の影響からビジネスを取り巻く環境が変化し、カカオの需要の変化が見通しにくくなる中、サプライチェーン上で対処すべき課題も複雑になってきています。
このような背景を踏まえ、カカオ農家の支援などに取り組むことで、カカオのサステナブル調達に貢献できると認識しています。

  • ※1 ココアリカー:チョコレート・ココアの製造工場の用語で、カカオ豆から外皮を取り除いて磨砕してできるペースト状のもの。

    ※2 ココアバター:カカオ豆を搾油して得られる植物油脂。

    ※3 ココアパウダー:カカオ豆からココアバターを搾油した後のものを粉砕し粉状にしたもの。

考え方

不二製油グループは、将来にわたり持続可能なカカオを使用した製品を通じて食の歓びを届け続けるために、2018年8月に「責任あるカカオ豆調達方針」を策定しました。また、2020年には持続可能なカカオ豆調達を実現するための中長期目標とKPIを設定しました。
当社グループは、農家の所得向上や児童労働撤廃、植樹による森林再生やアグロフォレストリー、サプライチェーンの透明性の向上などに取り組んでまいります。

推進体制

カカオのサステナブル調達については、最高経営戦略責任者(CSO)が管掌しており、グローバルサステナブル調達委員会のもとに設置されたカカオ原料に関する分科会において、2030年までのロードマップに沿った施策を推進しています。
また、ESGマテリアリティ※1の一つとして、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。

目標・実績

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

中長期目標 KPI 2020年度目標 2020年度実績 自己評価
2030年 2025年
森林再生、児童労働撤廃 植樹100万本※1 植樹50万本 N/A 1万本
児童労働撤廃 WFCL※2ゼロ ブラマー チョコレート カンパニー(米国)がカカオ豆を直接購入しているカカオ農家についてGPSを使ったマッピングを継続 カカオ農家の83%についてGPSを使ったマッピングを実施。
ブラマー チョコレート カンパニー(米国)がカカオ豆を直接購入している協同組合の100%に CLMRS※3を構築 100%
ガーナにおける児童労働撤廃を含む新たなカカオ農家支援プログラムの開始 ガーナのカカオ農家1,250軒を対象に支援プログラムを開始した。
  • ※1 さまざまな種類の緑陰樹の苗木を2021年から2030年までの10年間で100万本植樹予定。

    ※2 WFCL:Worst Forms of Child Labour(最悪の形態の児童労働)。

    ※3 CLMRS:Child Labour Monitoring & Remediation System(児童労働監視改善システム)。

考察

責任あるカカオ豆調達方針の推進のため、新たにKPIを設定し、今後10年かけて行うべき方向性を指し示すことができました。これには、2019年に不二製油グループの一員になったブラマー チョコレート カンパニー(米国)が大きな役割を果たしました。
同社は世界カカオ財団※1によるCocoa & Forests Initiative(カカオ&森林イニシアチブ)※2を通じて先行して植樹を始めていたため、円滑な活動拡大へとつながりました。
ガーナにおける新たなカカオ農家支援プログラムは、現地のパートナーの協力を得られたことで、支援対象となる農家を特定できました。今後は3年計画で実施してまいります。

Next Step

カカオのサステナブル調達では、農業技術指導や植樹などによる農家の経済的自立への支援と児童への教育の機会提供および児童労働撤廃に寄与することが重要です。これらの課題への対策として、以下の2021年度目標に取り組んでまいります。

  • ガーナでのカカオ栽培地域に対する植樹10万本
  • カカオ農家のGPSを使ったマッピングによる透明性の向上
  • ガーナのカカオ農家2,350軒※1を対象とした支援プログラムの実施
  • プログラム参加農家における児童労働のモニタリング実施に向けた家族状況などの把握の開始
  • GAP※2の導入による農業支援と、生産されるプログラム豆の日本およびアメリカへの導入
  • ※1 2020年度の対象1,250軒に新たに1,100軒対象を追加、拡大予定(累積2,350軒)。

    ※2 GAP:Good Agricultural Practices(農業生産工程管理)。

具体的な取り組み

責任あるカカオ豆調達方針達成のための課題解決アプローチ

社会課題 課題解決アプローチ 対象地域
地球環境 植樹による森林再生 グローバル(特にガーナ、コートジボワール)
人権 CLMRSの導入と児童への教育機会の提供 西アフリカ(特にガーナ、コートジボワール)
地球環境と人権 コミュニティ支援プログラムの実施 グローバル(特にガーナ、コートジボワール)

植樹による森林再生

不二製油グループは、米国NPOのOne Tree Plantedをパートナーに、2021年にガーナ西部のカカオ農園とその周辺地域を対象にさまざまな種類の緑陰樹の苗木10万本を植樹します。この地域では、広範囲にわたる森林破壊により生物多様性が失われています。また、温室効果ガス排出量の増加により、地域コミュニティや小規模農家は、洪水の増加や干ばつなどの影響を受けています。カカオ農家にさまざまな種類の苗木を配布し地域に植樹することで、生物多様性を高め、土壌改善に貢献します。また、カカオ農家は、植樹後に収穫した果実やスパイスを販売し利益を得ることができます。この取り組みはアグロフォレストリーともいわれ、植樹を通じて農家の生活向上にも貢献できます。
また、ブラマー チョコレート カンパニー(米国)は、世界カカオ財団によるCocoa & Forests Initiative(カカオ&森林イニシアチブ)を通じて植樹などに貢献しています。

CLMRSの導入と児童への教育機会の提供

不二製油グループは、カカオ産業における人権問題として挙げられる児童労働について、CLMRS(児童労働監視改善システム)の導入と児童への教育機会の提供を主眼に置き、取り組んでいます。アフリカにおける児童労働問題は、家庭の貧困や通学の困難さ、家族経営農家での手伝いなどに起因しており、児童労働者数の把握が難しいのが実情です。当社グループでは、ガーナとコートジボワールで展開しているコミュニティ支援プログラム※1において、CLMRSを導入しています。この仕組みでは、各家庭の家族構成を把握し、就学期の児童が通学できているか否かをモニタリングします。通学できない児童を発見した際には、状況を検証するとともに是正措置についてコミュニティでの話し合いの場を設けています。また、ブラマー チョコレート カンパニー(米国)では、L.I.F.T.プログラム※2を立ち上げ、児童への教育機会の提供を目的に、コートジボワールにおいて小学校の建設や教材の提供などを行っています。

  • ※1 コミュニティ支援プログラム:コミュニティ支援プログラムの実施をご参照ください。

    ※2 L.I.F.T.プログラム:Livelihood Infrastructure Food Technology (暮らし、インフラ、食、テクノロジー)プログラム。

CLMRSの仕組み

コミュニティ支援プログラムの実施

カカオを取り巻く児童労働や森林伐採への対応として、ガーナやコートジボワールなどにおいてコミュニティ支援プログラムを実施しています。プログラムに参加する農家に対しては、GAP(農業生産工程管理)の導入、さまざまな種類の緑陰樹の苗木の提供、コミュニティ主導での家庭環境調査を通じた児童労働撤廃の啓発などの直接支援を行い、不二製油グループが調達するカカオ豆のサプライチェーン上の課題改善に取り組んでいます。既存のプログラムや生産地での取り組みに加え、ステークホルダーからの意見などを反映し、農家の所得向上に資するアグロフォレストリーや肥料や農薬などの取り扱い管理、LIDへの賛同に加え、植樹による森林保全、ヤコブ財団を通じた子どもの教育・栄養改善など、マルチステークホルダーによるプロジェクト参画を含め複合的に取り組んでまいります。

  • ※ LID:Living Income Differential。カカオ農家の生活レベル向上のためのカカオ豆の最低価格方式のこと。

世界カカオ財団(WCF)への参画

不二製油グループは2012年より、世界カカオ財団へ加盟しています。世界カカオ財団は、農家が栄え、カカオ生産者コミュニティが活力を持ち、人権が尊重され、環境が保全されるようなカカオ産業の持続可能な繁栄を目指している、メンバー制の国際的なNPOです。
ブラマー チョコレート カンパニー(米国)は世界カカオ財団の設立メンバーであり、現在も世界カカオ財団の理事として参画しています。ブラマーは「African Cocoa Initiative(アフリカカカオイニシアチブ)」や「Cocoa Livelihoods Program(カカオ生計プログラム)」「Cocoa Action(カカオアクション)」「the Cocoa and Forests Initiative(カカオ&森林イニシアチブ)」といった世界カカオ財団の主力プログラムへの参画を通して、リーダーシップを発揮しています。新型コロナウイルス(COVID-19)への対応として、ブラマーは業界の他社とともに、世界カカオ財団の基金に協賛しています。この基金は、カカオ農家コミュニティが新型コロナウイルス(COVID-19)対策を講じるために必要となる物資の提供や教育支援に利用されます。

認証カカオ原料の取り扱い

Fair Trade

インダストリアル フード サービシズ(オーストラリア)、フジオイル ヨーロッパ(ベルギー)、ブラマー チョコレート カンパニー(米国)では、開発途上国の小規模生産者・労働者の持続可能な開発を促進することを目指すフェアトレード認証を取得しています。お客様のご要望に応じて、フェアトレード認証の原料を使用した製品を生産・販売しています。

UTZ

不二製油(株)阪南事業所・関東工場、インダストリアル フード サービシズ(オーストラリア)、フレイアバディ インドタマ(インドネシア)、フジオイル ヨーロッパ(ベルギー)、ブラマー チョコレート カンパニー(米国)、巴洛美巧克力製造(上海)有限公司(中国)では、持続可能な農業のための国際的な認証プログラムである「UTZ認証」を継続的に取得しており、今後もお客様のご要望に対応していきます。