グループ会社一覧

水使用量の削減

マネジメント情報

事業活動との関わり

不二製油グループの事業活動は、原材料の農作物の生産や、製品の製造工程において水を使用、排出しており、水資源の問題は重要な環境課題と認識しています。

考え方

不二製油グループは、「環境基本方針※1」に基づいて製品の製造工程における水資源の保全に取り組んでいます。2030年に達成を目指す「環境ビジョン2030※2」において、グループ全体での水使用量の削減についてコミットメントを表明しています。世界における水資源の問題は深刻化しており、地球温暖化の進行により、今後数億人が水ストレスの増加に直面し※3、2080年にはさらに18億人が必要な水を利用できない状態になる可能性が指摘されています※4。当社グループは、限りある水資源を持続的に使用するために、製品の製造において水資源の利用効率を向上させることで、直接的に水資源の保全に貢献できると考えています。また、水資源に対して当社グループの事業活動が及ぼす影響を特定・是正するために、水に関するリスクの把握と対策の推進を行っています。製造工程に使用する水や排水に関しては各国・地域の基準・規制に従って対応しています。

推進体制

水使用量の削減については、最高ESG経営責任者(C“ESG”O)の管掌のもとで取り組みを推進しています。また、ESGマテリアリティ※1の一つとして、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。

目標・実績

2030年目標※1 2020年度実績※1 達成率
原単位※2で20%削減(グループ全体) 22%削減 100%

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

2020年度目標 2020年度実績 自己評価
「環境ビジョン2030」の達成に向けて、各社への啓発活動やサポートによる削減推進
  • 各グループ会社に対する2019年度のCO2、水、廃棄物排出量を含む環境データのフィードバック、および好事例の横展開。
  • 水関連データ集計方法の改善。
環境データ収集のシステムの導入 システムの基本設計は完了。2021年度に導入予定。 ×

考察

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、グループ会社への海外渡航を伴う直接的な啓発活動は実施できませんでしたが、現地の方にウェアラブルカメラを装着し現場に入っていただき、ライブ動画を通じてコミュニケーションをとることでグループ会社の意識向上を図りました。また、水に関連するデータへの理解をさらに深めるため、オンライン会議で対話を重ねながらデータの精度向上に取り組みました。環境データ収集については、システム基本設計に注力しました。

  • ※ ウェアラブルカメラ:体に装着しハンズフリーで撮影するカメラ。

年間水使用量と原単位推移

Next Step

水使用量の削減推進のためには従業員各人の意識向上が不可欠です。その対策として、以下の2021年度目標に取り組んでまいります。

  • 環境ビジョン2030の社内浸透
  • 環境監査を通じた水使用量の削減活動のレベルアップ
  • 水使用量の削減戦略を立てやすい環境整備(担当者がタイムリーかつ容易に水関連データを確認できる収集システムの導入、水のリサイクル方法やより水使用効率の良い装置導入などの好事例の横展開)

具体的な取り組み

リスク管理と対策

不二製油グループでは、取水量・水質、風水害、排水規制違反などの水リスクをさまざまなリスクの一つとして管理しており、各グループ会社が重要リスクの特定、対応策立案・実施、評価・改善などのリスクマネジメントのPDCA活動を展開しています。2020年度は当社グループ内における水リスクへの対応をさらに強化するために、Aqueductの分析結果を参考にするとともに、リスクマップを活用した当社グループのリスクマネジメントシステムに基づいて、各グループ会社が立地する地域の水リスクを評価しました。この結果、これまでに把握していた中国のグループ会社における排水規制違反リスクに加え、インドネシアのグループ会社における洪水リスクを重要なリスクとして新たに認識し、洪水被害の低減を図るための対策を講じています。

  • ※ Aqueduct:世界資源研究所(WRI)が発表した、水リスクを示した世界地図・情報を提供するツール。

グループ会社における節水活動

2020年度の各グループ会社における節水活動は以下の通りです。

  • 不二製油(株)の関東工場では冷却用水をタンクに貯水し、装置の洗浄などに再利用しました。
  • 不二製油(株)の阪南事業所では各工場において蒸気使用量を削減しました。
  • (株)エフアンドエフでは空調設備を水冷式から空冷式に変更しました。
  • フジ ベジタブル オイル(米国)では処理水を再利用しました。
  • フジオイル(シンガポール)、ユニフジ(マレーシア)、フレイアバディ インドタマ(インドネシア)、上海旭洋緑色食品有限会社(中国)、フジ ベジタブル オイル(米国)では、水使用の管理体制を強化することで厳密な水使用量分析が可能となり、水使用効率が低い箇所が検出されたため、対策を講じました。

関連資料