グループ会社一覧

製品・原材料の環境負荷低減

マネジメント情報

事業活動との関わり

不二製油グループの製品には、製造工程において大量の水を要する、あるいはCO2を多く排出するなど、環境への負荷が高いものもあります。製造工程における環境負荷を認識の上、この負荷を可能な限り低減する必要があると考えています。また、自社内の製造工程だけでなく、原料の栽培段階や、お客様が当社グループの製品を加工される段階での環境負荷も含めた、製品のライフサイクル全体で評価し、効率的に低減することが重要です。

考え方

環境ビジョン2030で掲げるCO2排出量目標、水使用量目標、廃棄物量目標の達成に向け、環境負荷が低い加工技術の確立を目指します。また、自社製造工程だけでなく、ライフサイクル全体での環境負荷低減が必要と考え、「自社の製造工程の環境負荷を低減したことで、前後の環境負荷が増え、全体として環境負荷が増加した」ということがないよう、俯瞰的に評価を行い、技術革新を進めます。

推進体制

ESGマテリアリティ※1の一つとして、2020年度まで「環境負荷の低い製法の開発」として取り組みを進めていましたが、2021年度より上記の考え方を反映した「製品・原材料の環境負荷低減」へ名称を変更しました。最高技術責任者(CTO)の管掌のもとで取り組みを推進しており、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。

目標・実績

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

2020年度目標 2020年度実績 自己評価
化学触媒や有機溶剤を用いない油脂加工技術の確立 化学物質の代わりに酵素を用いた、より環境負荷の低い油脂加工技術を1件確立し、実用化に向けたトライアルを開始。
CO2排出量を大幅に低減する技術の開発 当社グループの製造工程で最もCO2排出量が多い製法の一つである粉末状大豆たん白製品の製法について、使用原料変更による製造工程でのCO2低減を検証。想定した方法の変更では、栽培段階での環境負荷があがり、ライフサイクル全体では必ずしも環境負荷低減につながらないことが判明。 ×

考察

化学物質を酵素に変換し、より環境負荷が低い条件で油脂を加工する技術の確立は順調に進捗しました。一方、粉末状大豆たん白素材製造におけるCO2排出量の削減については、自社製造工程でのCO2排出量を下げても、原料や最終製品の利用時において環境負荷が増えれば本質的な環境対策にならないため、検討の方向性そのものを変更する必要があります。

Next Step

製品・原材料の環境負荷低減において、自社製品のライフサイクル全体での活動実施を課題として認識しています。この課題への対策として、以下の2021年度目標に取り組んでまいります。

  • 新規酵素油脂加工技術の実用化に向け、さらなる高効率化と環境負荷の低減を実現する製法の確立
  • 粉末状大豆たん白製品の環境負荷に関する現状調査の実施、およびライフサイクル全体での環境負荷低減のための戦略立案