グループ会社一覧

CO2の排出削減

マネジメント情報

事業活動との関わり

近年、地球温暖化などの気候変動に伴う地球規模での問題が深刻化し、人々の暮らしや企業の事業活動に影響を与えています。食品素材メーカーである不二製油グループは、工場の操業に加え、原料の調達や輸送などバリューチェーンの各工程においてもエネルギーを使用し、CO2を排出しています。

考え方

不二製油グループは社会の一員として、経済的価値を創出するだけではなく、バリューチェーン全体で地球環境に配慮した事業活動を展開しています。「世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べ2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑えるよう努力を続けること」を目的とした国際的枠組みであるパリ協定では、各国は温室効果ガス削減に向けた目標を定め、今世紀後半に温室効果ガスの人為的な発生源による排出と吸収源による除去量を均衡させるよう取り組むことを求められています。日本政府は「2030年度46%削減(2013年度比)という中期目標を確実に達成することを目指すとともに、この水準にとどまることなくさらなる削減努力を追求していくこと」を2021年に決定しています。このような状況を認識し、当社グループは環境基本方針※1に基づき、2018年に策定した環境ビジョン2030※2においてCO2排出量の削減のコミットメントを表明しています。目標は、Science Based Targets(以下、「SBT※3」)に基づき、2016年比でスコープ1+2の総量を2030年までに40%削減、スコープ3(カテゴリ1)の総量を18%削減と設定し、2020年5月にSBT認定を受けました。生産現場での省エネ活動を引き続き行うことはもとより、エネルギー使用量の少ない新設備の導入や再生可能エネルギーの使用によりCO2排出量の削減を推進し、目標達成を目指します。また、日本国内においては、社長直轄のエネルギー管理部署を2020年度に設置し、体制を強化しました。

推進体制

CO2の排出量削減については、最高ESG経営責任者(C“ESG”O)の管掌のもとで取り組みを推進しています。また、ESGマテリアリティ※1の一つとして、取締役会の諮問機関であるESG委員会※2において進捗や成果を確認しています。ESG委員会の結果については取締役会に対して報告し、取締役会のレビューを受けています。

目標・実績

2030年目標※1 2020年度実績※1 達成率
スコープ1※2+2※3総量40%削減(グループ全体) 19%削減 48%
スコープ3※4(カテゴリ1※5)総量18%削減(グループ全体※6 6%増加 0%
  • ※ 2030年目標に対する実績の考察については、以下のURLをご参照ください。

    https://www.fujioilholdings.com/sustainability/environment/management/

  • ※1 基準年:2016年
  • ※2 スコープ1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
  • ※3 スコープ2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
  • ※4 スコープ3:事業者の活動に関する他社の排出(カテゴリ1~15)
  • ※5 カテゴリ1:原材料
  • ※6 インダストリアル フード サービシズ(オーストラリア)は除く。

〇:目標に対して90%以上達成、△:目標に対して60%以上達成、×:60%未満

2020年度目標 2020年度実績 自己評価
「環境ビジョン2030」の達成に向けて、各社への啓発活動やサポートによる削減推進
  • 各グループ会社に対する2019年度のCO2、水、廃棄物排出量を含む環境データのフィードバック、および好事例の横展開。
  • 各グループ会社に対する省エネの考え方やCO2計算方法などの基礎勉強資料の配布、および環境ビジョン2030に関する説明会(海外に向けてはオンライン)の開催。
社内カーボンプライシングの導入検討 炭素税が2030年、2040年に売上に及ぼす影響を一次試算。
環境データ収集のシステムの導入 システムの基本設計は完了。2021年度に導入予定。 ×
スコープ3のデータの精度向上と削減方策の立案 スコープ3のデータ集計フォーマットの改良により、データ入力者の集計方法に関する理解度が向上し、データの精度が向上した。カテゴリ1の削減方策の立案については次年度に取り組む。

考察

「環境ビジョン2030」の達成に向け、オンライン環境監査を通じて省エネの考え方などを共有しました。社内カーボンプライシングについては、各国の炭素税やIEA(国際エネルギー機関)のデータを参考に、不二製油グループに与える影響の1次試算を終えました。今後は導入方法の検討を進めます。環境データ収集については、システム基本設計に注力しました。

年間CO2総排出量(スコープ1+2)と原単位推移

Next Step

CO2排出量の削減対策に関しては、環境課題に対する従業員各人の意識の向上が不可欠です。そのため、以下の2021年度目標に取り組んでまいります。

  • 環境ビジョン2030の社内浸透
  • 環境監査を通じたCO2排出量の削減活動のレベルアップ
  • CO2排出量の削減戦略を立てやすい環境の整備(担当者がタイムリーかつ容易にCO2関連データを確認できるデータ収集のシステム導入、太陽光パネルの導入などの好事例の横展開)
  • スコープ3(カテゴリ1)削減活動として、サプライヤーに対するアンケート調査(エンゲージメント活動)の開始

具体的な取り組み

日本国内のエネルギー管理活動

適切なエネルギー管理を推進するため、省エネ法により要求される「エネルギー管理体制の整備、取り組み方針・目標の整備等」を基盤として、日本国内のエネルギー管理体制を再構築・強化しました。
具体的には、2020年4月に「エネルギー管理統括室」を設立、同10月にエネルギー管理規程を制定し、エネルギー管理委員会を発足しました。日本国内の取り組み目標として、エネルギー消費原単位の対前年1%低減(省エネ法の遵守)、および環境ビジョン2030におけるCO2排出量削減の達成を掲げています。
同委員会では、不二製油(株)の社長が委員長を務め、エネルギー管理統括室が事務局となり、法定管理責任者を中心に、委員会メンバーがエネルギー管理活動に取り組んでいます。目標達成に向けて具体的には、エネルギー使用実態の把握や見える化、エネルギー管理標準の活用、エネルギー管理教育による人材育成、そしてエネルギー関連情報発信などの活動を推進しています。

  • ※省エネ法:エネルギーの使用の合理化等に関する法律。

生産設備の省エネ化

2020年度の省エネ化の一例は以下の通りです。

  • 不二製油(株)の阪南事業所では新しいコージェネレーションシステムの稼働により高効率化と運転バランス改善を実現し、さらに油脂精製の冷却工程で大気放出していた廃熱からの温水再利用などの取り組みを実施しました。
  • オーム乳業(株)では高効率ボイラーへの更新および燃料の転換を実施しました。
  • 不二製油(株)の千葉工場およびウッドランド サニーフーズ(シンガポール)では太陽光発電を導入しました。
  • ブラマー チョコレート カンパニー(米国)、フレイアバディ インドタマ(インドネシア)、ハラルド(ブラジル)ではLED照明への切り替えやモーションセンサーの導入を随時進め、エネルギー効率を向上させました。
  • 上海旭洋緑色食品有限公司(中国)と巴洛美巧克力製造(上海)有限公司(中国)では、冷却設備の起動条件を調整することで省エネを推進しました。

再生可能エネルギーの導入

環境ビジョン2030の目標達成に向けて、不二製油グループとして再生可能エネルギーを導入しています。2016年には、不二製油(株)つくば研究所に太陽光パネルを設置し再生可能エネルギーの活用を始め、その後フジオイル ヨーロッパ(ベルギー)(2019年6月)、不二製油(株)りんくう工場(2020年2月)などにも太陽光パネルを設置し発電を開始しています。2020年度は不二製油(株)千葉工場(2020年8月、11月)、ウッドランド サニーフーズ(シンガポール)において新たに太陽光発電の活用を開始し(2020年9月)、必要な電力の一部を再生可能エネルギーで賄うことが可能となりました。ブラマー チョコレート カンパニー(米国)では、ペンシルベニア州、イリノイ州、カリフォルニア州それぞれの州の法律で定められている再生可能エネルギーを導入し、さらにRECs(Renewable Energy Certificate)を購入しています。
さらには、オフィスでの取り組みとして、不二製油グループ本社の大阪オフィスで使用する電力に「グリーン電力」を活用することとしました。「グリーン電力証書」の購入により、高知県の太陽光パネルで発電された電力を利用することが可能となり、2020年度のCO2排出量(約24t-CO2相当)の削減に寄与しました。2021年度も引き続きグリーン電力を利用してまいります。

関連資料