お電話でのお問い合せ

株式・株主優待関連のお問い合せ

TEL0120-651-563

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

株式事務手続きに関しては以下のページをご参照下さい。

決算・IR関連のお問い合せ

IRグループ

TEL03-5418-1044

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

報道・ニュースリリースのお問い合せ

広報・IRグループ

TEL06-6459-0701

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

サステナビリティについてのお問い合せ

CSR・リスクマネジメントグループ

TEL06-6459-0729

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

FAX06-6459-0711

ホームページについてのお問い合せ

フォームにてお問い合せください。

「製品」「USS、豆乳クリーム」「通信販売(ソヤファームクラブ)」「採用」などに関するお問い合せは不二製油株式会社へお問い合せください。

閉じる

ニュースリリース

2013年6月9日「APCCN2013」に出展しました (会場:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート)


不二製油株式会社は、6月9日(日)~12日(水)の期間、東京で開催されたAsia Pacific Clinical Nutrition Society の2013年度学術集会(APCCN2013)に出展しました。APCCNは隔年にアジア各国で開催されており、日本での開催は20年ぶり2度目となります。この学会は、学術会議のIUNS(International Union of Nutritional Science)、日本抗加齢医学会、日本臨床栄養学会、日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本病態栄養学会との共催によるもので、期間中は国内外から医師、管理栄養士、研究者、医療従事者の方々など、530名(国内294名、海外236名)が参加され、研究発表や討論が行われました。

研究発表では、「アンチエイジングと臨床栄養」、「食品機能と安全性」など多岐にわたる演題が200題ほど発表され、弊社からは3名が大豆たん白質や大豆ペプチドの機能性について発表しました。

「糖尿病性腎症に対する大豆たん白の効果について」
                    基盤研究所 健康機能研究室 淺野間 将志
「大豆ペプチドの易吸収性と疲労回復効果について」
                    食品素材研究所 機能材開発室 前渕 元宏
「日本における食品の健康表示制度について」
                    事業本部 新規事業部 卓 興鋼

会場内では下記の大豆関連製品と弊社が掲げる「大豆ルネサンス」についてブース展示を行い、また懇親会にて弊社の大豆たん白食品を提供いたしました。
・大豆たん白
・豆乳
・大豆ペプチド
・水溶性大豆多糖類
・大豆胚芽・大豆イソフラボン
・大豆たん白食品

フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)
  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。
    お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。
  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品名 必須
用途 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品名
用途
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。