グループ会社一覧

ニュースリリース

お知らせ

不二製油グループ本社

年頭所感

2012月1月4日

   新年、明けましておめでとうございます。
   昨年3月に発生した東日本大震災で日本は多くの困難と試練を与えられました。原発の安全神話の崩壊、風評被害、最善策の見つからない放射能問題、電力不足、世相を反映した消費の低迷など、一時は国中に不安が蔓延しておりました。しかし、少しずつではありますが人々の中に希望と活力が戻りはじめたように思われます。

   昨今、国内企業の多くが海外に商機を求めており、産業の空洞化が叫ばれています。アジア、中国の新興国が世界市場に次々と参入し、また世界各国は自由貿易域形成に向け手を結び、海外においても熾烈な競争が起きております。この競争に勝つには、やはり海外で勝ち残る力をつけることに尽きます。
   当社にとりましても海外展開は基本施策の一つであり、中期経営計画の中において、2011~2013年度は「グローバルに、質的成長に向けての進化の3年間」と位置づけております。これらからの3年間が、当社にとってグローバルにさらにステップアップするための基盤固めの時期と認識しており、特にアジア市場を中心に拡大を図ります。昨年新たな拠点をタイ、インドネシア、ブラジルに広げ、またタイ・バンコクと中国・広州にお客様のニーズにおこたえする製品開発の場を設けました。

   このように、海外事業への展望を申し上げおりますが、これらを支え、礎となるのは、日本で培った技術とビジネスモデルです。当社の強みは、お客様のご要望におこたえした製品づくりを行う「製品開発力」、市場のニーズにこたえた製品をお客様にご提案する「提案営業力」、新素材を生み出す「研究体制」であり、これらは本拠地である日本で育まれたものです。新興国の圧倒的な生産規模に対抗できるのは質での勝負です。それには、本拠地である国内で常に新しい技術と素材を生み出し、新興国にはすぐにマネのできないビジネスモデルを創出することが必要です。しかも世界は変化のスピードを増しています。そのスピードへの対応力が今問われます。

   世界人口が70億人を突破し、今後世界では食糧確保が大きな問題となります。また、次の100年は「エネルギー、食糧、環境」の時代と言われ、まさに食糧問題は我われに課せられた課題であり、使命でもあります。アジアでの食の欧風化、世界の人口増、そこにはまだ当社の技術力をもって立ち向かえる商機があると確信しております。
   世界の景気も一段の減速が予想されており、今年は昨年以上に厳しい年になりそうですが、不二製油にとりましても正念場であり、変革のスピードを上げてまいりたいと思っております。
本年も皆様の一層のご支援をお願い申し上げます。

2012年1月


不二製油株式会社


代表取締役社長 海老原 善隆


過去のニュースリリース