グループ会社一覧

ニュースリリース

お知らせ

不二製油グループ本社

2005年めどに、吉林不二蛋白有限公司に新工場を建設。
中国での分離大豆たん白の生産能力を2.3倍にし事業拡大

2003月4月9日

不二製油のグループ会社「吉林不二蛋白有限公司」は、約46億円を投じて、2005年7月までに新工場を建設、分離大豆たん白の生産能力を現在の2.3倍に引き上げます。
 分離大豆たん白は結着力や保水力があるため、ハム・ソーセージなどの肉加工の他、水産加工、餃子、焼売など多くの食品素材として利用されています。また、大豆の持つ健康機能も注目され健康食品に使われています。

 
 現在、中国での分離大豆たん白使用量は年間約3万トンですが、食の洋風化が急激に進んでおり、ハム・ソーセージ市場を中心に需要が伸び、2005年には現在の約2倍の6万トンに達すると見込まれます。
 今回の設備増強は、これに対応するもので、中国市場でのシェアを現在の25%から30%超に引き上げる計画です。また中国では高品質品への需要や健康意識が高まっており、これらのニーズに的確に応えながら中国市場における分離大豆たん白のリーディングカンパニーを目指します。
 新工場は、第一期工事が2004年7月、第二期工事が2005年7月にそれぞれ完成、稼動の予定。またこの新工場の建設にあわせ、既存工場の原料大豆搾油工場も増設し、生産される脱脂大豆を新たに新工場と日本の不二製油の大豆たん白事業向けに供給する計画です。これにより、不二製油は遺伝子組み換えをしていない脱脂大豆の供給ソースをアメリカと中国に持つことができるようになります。

<新工場概要>

1) 位置:中国東北部 吉林省松原市(現工場から南東へ約7.4Km)
2) 敷地面積:約103千m2(約31千坪)
3) 建物:工場棟、事務棟、倉庫棟、など11棟建設
4)人員:約140名の新規雇用を創出
5)総投資額:306百万元(約46億円)


<吉林不二蛋白有限公司の概要>

総経理:中西 徹(不二製油から出向)
所在地:中華人民共和国 吉林省松原市(中国東北部)
設 立:1994年8月
資本金:86百万元(約1,290百万円)
出 資:日本側76%(不二製油66%)、中国側 前郭県国有資産経営公司 24%

分離大豆たん白を生産し、中国国内のハム・ソーセージ業界に販売。
約10年の実績で、吉林不二の「金亀」ブランドは、質量とも中国
No.1に育っている。(推定シェアー約25%)


以上

本件に関するお問い合せ先

過去のニュースリリース