グループ会社一覧

ニュースリリース

トピックス

不二製油グループ本社

水溶性大豆多糖類(大豆の食物繊維)の新用途分野がさらに広がる

1999月6月23日

水溶性大豆多糖類(大豆の食物繊維)は従来圧倒的に酸性飲料に使用されてきましたが最近、麺、米飯への応用が大幅に増加してきました。

とりわけ麺への使用は、夏場に向かってコンビニエンス・ストアーでの夏場向け冷たい調理麺関係に大きな伸びを見せています。

個食スタイルのコンビニの麺は、現在では1日400万食とも言われ、若者だけでなく家庭の定番食としても定着していますが、腰の強い美味しい麺ほど、時間の経過とともに、麺同士がくっついてしまう性質があります。

水溶性大豆多糖類(大豆の食物繊維)の効果は、茹で上げた麺がくっつきにくく、またほぐれ易いことが大きな特徴です。

暑さに向かう夏場、のど越しの良いさっぱり食感のうどん、冷やし中華などの麺類の動きに期待が高まります。

皆様が普段お口にされるコンビニの麺類で箸さばきの良い、ほぐれ易い麺に気づかれましたら、それは当社の水溶性大豆多糖類(大豆の食物繊維)入りです。

以上

本件に関するお問い合せ先

過去のニュースリリース