お電話でのお問い合せ

株式・株主優待関連のお問い合せ

TEL0120-651-563

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

株式事務手続きに関しては以下のページをご参照下さい。

決算・IR関連のお問い合せ

IRグループ

TEL03-5418-1044

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

報道・ニュースリリースのお問い合せ

広報・IRグループ

TEL06-6459-0701

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

サステナビリティについてのお問い合せ

CSR・リスクマネジメントグループ

TEL06-6459-0729

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

FAX06-6459-0711

ホームページについてのお問い合せ

フォームにてお問い合せください。

「製品」「USS、豆乳クリーム」「通信販売(ソヤファームクラブ)」「採用」などに関するお問い合せは不二製油株式会社へお問い合せください。

閉じる

サステナビリティ

CSRマネジメント

CSRの考え方

不二製油グループのCSRは、グループ憲法のミッション「私たち不二製油グループは、食の素材の可能性を追求し、食の歓びと健康に貢献します。」を実現し続けることです。企業は社会的存在であることを認識し、ステークホルダーの期待や懸念の把握に努め、事業活動を通じて社会の持続可能な発展に貢献することがCSRだと考えています。

活動の全体像

CSR活動4つのカテゴリー

不二製油グループは、CSR活動を下記4つのカテゴリーに分類し、それぞれの活動指針を定めています。

スクロール

カテゴリー 活動指針
1.戦略的活動 事業・製品を通じて社会課題の解決に寄与する
2.基本的活動 事業プロセスにおいて社会に及ぼし得る負の影響を低減・是正する
3.社会貢献活動 良き企業市民として、地域社会の発展に貢献する
4.ステークホルダーとのコミュニケーション 透明性を高め、ステークホルダーに対し誠実にコミュニケーションを行う

推進体制

推進体制

「CSRは経営そのもの」という考えに基づき、不二製油グループ本社取締役会の諮問機関として、ESG委員会を設置しています。ESG委員会は、年2回以上開催し、不二製油グループがCSRを果たし続けるための課題や戦略が議論されます。委員会には社外の有識者をアドバイザーとしてお招きし、社会の視点を取り入れるようにしています。その結果については、年2回、取締役会に対して具申し、取締役会のレビューを受けています。
2018年4月現在、ESG委員会には「食の創造によるソリューション分科会」「安全・品質・環境分科会」「人づくり分科会」「サステナブル調達分科会」「ガバナンス分科会」の5つの分科会を設置しています。それぞれの分科会長は、分科会が担ったテーマについて、グループ全体に落とし込む責任を担います。

推進体制

教育・啓発活動

従業員一人ひとりが業務を通じてCSRを実践するため、不二製油グループ従業員に対して教育・啓発活動を進め、当社グループのCSRの考え方や活動、および社会が当社グループに期待することを伝えています。

<活動の例>

  • イントラネットでのCSRに関する情報発信(日本語・英語)
  • グループ各社に設置する「リスクマネジメント委員会」26社への社会動向(人権・気候変動リスク)の説明 など

事業を通じて社会に貢献するための重点テーマ

考え方

不二製油グループは、事業活動を通じて、「社会の持続可能な発展への貢献」と「自社の持続的な成長・社会への価値創造」をともに実現するために、特に取り組むべきテーマを「CSR重点テーマ」として定めています。

特定プロセス

社会の企業に対する期待の一層の高まり・変化を踏まえ、2017年12月から2018年3月にかけて、CSR重点テーマ(マテリアリティ)の見直しを行いました。

特定プロセス

特定した重点テーマ

不二製油グループは、15の重点テーマを特定し、7つの重点領域に分類しました。

特定した重点テーマ

ビジネスと人権

考え方

不二製油グループは、グループ憲法において「人のために働く」という価値観を表明しています。これは仕事を進める上で影響を及ぼし得る人の立場に立って考えるということでもあり、人権尊重の精神そのものだと考えています。「国連ビジネスと人権フォーラム2016」への参加およびステークホルダーとの対話を機に、人権に対する考え方をあらためて整理し、2017年4月に「不二製油グループ人権方針」を公表しました。

「不二製油グループ人権方針」PDF(369KB)

推進体制

雇用や調達、製品の販売など、不二製油グループのさまざまな事業活動が人権へ影響を及ぼし得ると認識しています。不二製油グループ本社CSR・リスクマネジメントグループが全社的な人権尊重の推進・人権リスクの統括を行い、各部署・各職場において人権尊重の実践に努めています。
また、バリューチェーンでの人権の尊重は、CSR重点テーマに落とし込み、取締役会の諮問機関であるESG委員会にて進捗報告や課題検討を行い、取締役会に対して具申されています。

教育・啓発活動

不二製油グループでは、ビジネスと人権に関する教育・啓発活動を推進しています。
2017年度は、グループ各社に設置するすべてのリスクマネジメント委員会(26社)に対して、「人権、環境リスク」および「当社グループのCSRの考え方」について説明を行いました。その結果、一部のグループ会社において、人権リスク(人権侵害に事業活動を通じて加担するリスク)の防止対策が進みました。このほか、国内グループ会社に対しては、各社各部門が行う「部門研修」の中に、「ビジネスと人権」を必須テーマとして組み込みました。
今後は、社内イントラネットシステムを使用し、「ビジネスと人権」に関する情報共有をさらに積極化することで、各従業員が業務を通じて人権尊重を実践することを推進します。

人権デューディリジェンス

人権デューディリジェンス

不二製油グループは、人権尊重責任を実行する方法として人権デュー・ディリジェンスを実施しています。その結果、優先的に対処すべき重要リスクを特定し、今後は、人権に関する教育、サステナブル調達の推進、苦情処理メカニズムの運用などを、有識者との協議・評価を得ながら実行していきます。

人権デューディリジェンスの全体像

人権インパクトアセスメント

人権リスクの特定プロセス

2016年度、不二製油グループの事業活動を通じて関与する人権への負の影響を特定・評価し、優先的に対処すべき重要な課題の特定をするため、人権インパクトアセスメントを行いました。アセスメントを実施するプロセスにおいては、社内関係部署の関与にとどまらず、外部有識者として、Verisk Maplecroft社および経済人コー円卓会議日本委員会から知見を得ました。第1段階として、Verisk Maplecroft社のノウハウをもとに、当社グループの事業活動や操業地域が関与しうる人権リスクを定量的に評価しました。第2段階として、その結果に基づいて、経済人コー円卓会議日本委員会の関与を得て社内関係者にインタビューを行い、当社グループの実情を可能な限り反映して人権リスクを特定しました。

特定した人権リスクとその対応(進捗)

スクロール

優先的に対処すべきリスク リスク対応進捗
特に、東南アジア、中国、アフリカの海外グループ会社で使用する請負・派遣労働者における強制労働、人身取引、労働安全衛生、適正賃金、労働時間、結社の自由と団体交渉に関する問題が発生するリスク 2017年度、不二製油グループ本社CSR・リスクマネジメントグループが、グループ会社26社の「リスクマネジメント委員会」に対して、人権リスクについて説明。各社のリスクアセスメントにおいて、人権リスクについて評価を行った
自社の実質的な管理下にない合弁会社、または最近買収したグループ会社において、労働時間、適正賃金、労働安全衛生、職場における差別、結社の自由と団体交渉、強制労働、人身取引など、労働者の人権侵害が発生するリスク
特に、東南アジアおよび中国の海外グループ会社において、労働時間や職場における差別など、意図せずに労働者の人権侵害が発生するリスク
パーム油サプライチェーンの上流において、人身取引、強制労働、児童労働、適正賃金、長時間労働、土地収奪などの人権侵害が発生するリスク
  • 2017年度、当社グループでパーム油一次精製会社のパルマジュ エディブルオイル(マレーシア)のサプライチェーン改善活動を推進した
  • 2018年3月、主要サプライヤーとのエンゲージメント(積極的働きかけ)を実施した
  • 2018年5月、「責任あるパーム油調達方針」に基づく苦情処理メカニズムを構築・公表した
カカオサプライチェーンの上流において、児童労働、強制労働、人身取引、不適正賃金、長時間労働等の人権侵害が発生するリスク
  • 2017年下期より、「責任あるカカオ豆調達方針」を検討し、2018年8月に策定した
人権に関する研修の不在により、グループ人権方針が従業員の行動としてオペレーションレベルに落とし込まれないリスク
  • 2017年度、当社CSR・リスクマネジメントグループが、グループ会社26社の「リスクマネジメント委員会」に対して、人権リスクについて説明。各社のリスクアセスメントにおいて、人権リスクについて評価を行った
  • 2017年度、国内グループ会社での部門研修において「ビジネスと人権」を必須テーマとして扱った
サプライヤーの労働者や地域住民から苦情を受け付け対応できないリスク(苦情処理メカニズムの不在)
  • 2018年5月、「責任あるパーム油調達方針」に基づく苦情処理メカニズムを構築・公表した

苦情処理メカニズム

従業員を対象とした苦情処理メカニズム

国内・海外グループ会社従業員および一部協力会社従業員を対象にした、内部通報制度を設けています。

※詳細は当社グループウェブサイトをご覧ください。

https://www.fujioilholdings.com/csr/human/

サプライチェーンを対象とした苦情処理メカニズム

2018年5月、「責任あるパーム油調達方針」に基づく苦情処理メカニズムを構築・公表しました。不二製油グループウェブサイトに「グリーバンスメカニズムWEBページ(英語)」を設け、メカニズムおよび進捗を公表しています。

https://www.fujioilholdings.com/en/csr/grievance_mechanism/

ステークホルダーとのコミュニケーション

考え方

不二製油グループは、社会の一員としてステークホルダーの期待を把握し応えるために、ステークホルダーとの誠実かつ透明性のある、双方向のコミュニケーションが重要だと考えています。ステークホルダーからの意見や声は、当社グループの事業活動の改善に役立てています。

ステークホルダーとの対話・共働

不二製油グループのステークホルダー

当社グループは、事業活動が正・負の影響を及ぼし得る主要なステークホルダーを以下のとおり特定しています。

スクロール

主要なステークホルダー コミュニケーション
従業員
  • 従業員研修
  • コンプライアンス通報窓口
  • 従業員満足度アンケート
  • イントラネット/社内報 など
株主・投資家
  • 株主総会
  • 株主懇談会
  • 決算説明会/電話会議
  • スモールミーティング など
顧客
  • 日常の営業活動
  • 共創フォーラム など
消費者
  • お客様相談窓口
  • マスメディアを通じた情報発信 など
取引先/業務委託先
  • 日常の購買活動/取引
  • サプライヤーエンゲージメント
  • 調達方針説明会 など
地域社会
  • 地域イベントへの参画・協賛
  • 地域社会への貢献活動(食育プロジェクト)
  • 自然災害時の支援 など
NGO・NPO/有識者
  • 有識者ダイアログ
  • グリーバンスメカニズム
  • 協働プロジェクトの推進 など
学術機関
  • 共同研究
  • 講演 など

ステークホルダーとの対話によりCSR推進を加速

事例:ビジネスと人権に関する有識者ダイアログ

2017年9月、CSR活動に関してアドバイスをいただき今後に活かす目的で、「ビジネスと人権に関する有識者ダイアログ」を実施しました。「ビジネスと人権」をテーマにダイアログの機会を持つのは、2016年度に続き2回目です。有識者として、ブルーナンバー財団CEOのPuvan J. Selvanathan氏、デンマーク人権研究所のCathrine Bloch-Veiberg氏にご参加いただきました。不二製油グループからは、代表取締役社長CEOの清水洋史をはじめ、関係する役員およびCSR部門のメンバーが参加しました。
ダイアログでは、当社グループの考え方や、「ビジネスと人権」に関する取り組みの進捗および課題認識を説明しました。有識者からは特にサステナブル調達の分野について、「サステナブル調達を推進するにはサプライヤーとのエンゲージメントが重要である」「サプライチェーンのリスクマッピングを行うことで、特に優先的に取り組むべき課題を特定できる」といったアドバイスをいただきました。ダイアログ以降、いただいたアドバイスは、主原料のサステナブル調達戦略の立案や、苦情処理メカニズム構築の基本的考え方として役立てています。

  • 事例:ビジネスと人権に関する有識者ダイアログ01
  • 事例:ビジネスと人権に関する有識者ダイアログ02
  • 事例:ビジネスと人権に関する有識者ダイアログ03
2017年9月実施「ビジネスと人権に関する有識者ダイアログ」の様子
<参加者>(所属・役職は2017年9月当時)
  • 有識者
    ブルーナンバー財団 CEO  Puvan J. Selvanathan様
    デンマーク人権研究所  Cathrine Bloch-Veiberg様
  • 不二製油グループ本社
    代表取締役社長 CEO  清水 洋史
    取締役常務執行役員 CFO  松本 智樹
    常務執行役員 事業開発部門長  髙杉 豪
    CSR・リスクマネジメントグループ シニアマネージャー  四方 敏夫
    CSR・リスクマネジメントグループ  山田 瑶
  • コーディネーター
    経済人コー円卓会議日本委員会
    事務局長 石田 寛 様
    ディレクター 野田 清穂 様
<ビジネスと人権に関する有識者ダイアログと当社の対応>

スクロール

2016年9月
第1回 有識者ダイアログ
2016年9月~
2017年9月
2017年9月
第2回 有識者ダイアログ
2017年9月~
2018年5月現在

<アドバイス>

  • ビジネスと人権指導原則
  • 現場(農園)に焦点をあてたサステナブル調達

<対応>

  • 人権方針の策定および公表
  • 人権デュー・ディリジェンスの実施と課題への対応
  • グループ会社(一次精製工場)であるパルマジュ エディブルオイル(マレーシア)のパーム油サプライチェーン改善活動の開始と推進

<アドバイス>

  • サプライヤーエンゲージメント
  • サプライチェーンのリスク把握

<対応>

  • 主要なパーム油サプライヤーとのエンゲージメント実施
  • グリーバンスメカニズムの構築と公表
  • リスクの高いサプライチェーンの改善活動(インドネシア)の開始

外部イニシアチブへの参画

ステークホルダーと協働して社会課題解決に貢献するために、外部イニシアチブに参画しています。

【主要な外部イニシアチブ】

  • 国連グローバル・コンパクト
  • The Consumer Goods Forum
  • RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil)
  • CDP
  • Global Shea Alliance
  • World Cocoa Foundation
Network Japan WE SUPPORT

不二製油グループは、2013年1月、国連グローバル・コンパクトに署名しました。人権・労働・環境・腐敗防止の4分野10原則を実践していくことで、当社グループだけでなく、社会全体の持続可能性の向上に貢献しています。

当社グループは国連グローバル・コンパクトに賛同し署名しています

社会からの評価

2018年3月現在、不二製油グループのCSRに関して以下の評価をいただいています。

<社会からの評価(一例)>

スクロール

環境 2017年10月、CDP気候変動質問書 「B」評価
ESG全般 2017年7月、MSCI 日本株女性活躍指数(WIN) 構成銘柄入り
2018年1月、GPIF発行レポート「改善度の高い統合報告書」に当社「サステナビリティレポート2017」がノミネート
健康経営 2018年2月、経済産業省「健康優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定
女性活躍 2017年8月、厚生労働省「プラチナくるみん」 認定
2017年7月、MSCI 日本株女性活躍指数(WIN) 構成銘柄入り

社会貢献活動

考え方

不二製油グループ憲法の「プリンシプル=私たちの行動原則」にて地域に根差した企業活動を行い、積極的に社会に貢献することを表明しています。地域社会の一員として、事業所のある地域や事業内容に関係する社会貢献活動を行っています。

食育プロジェクト

不二製油グループでは、次世代を担う子どもたちに「食の大切さと大豆のチカラ」を伝えるため、2014年度から「食育プロジェクト」を特定非営利活動法人「放課後NPOアフタースクール」と協働して実施しています。2017年度は、「大豆おやつ(豆乳プリン)づくり」と「大豆ワークショップ」の2種類の出前授業を計21回実施し、584名の小学生に、人の健康によく、世界の食糧不足を救う“大豆のチカラ“について学んでいただきました。
体験を通じて食と世界的課題への興味喚起を図る活動が評価され、2017年度のキッズデザイン協議会主催「第11回キッズデザイン賞」を受賞しました。

<出前授業の様子>
<出前授業の様子>
<授業を受けた子どもたちの声>
  • 今日は大豆のすごさなどをおしえてくれて、ありがとうございました。プリンもおいしかったです。
  • 大豆のことを教えてくれてありがとうございました。もっと大豆のことを教えてください。
  • 大豆が地球で最も大切なのかがわかり、大豆を家で育てて地球の食べ物の不足がないようにしたいです。
  • とても楽しい時間にしてくれてありがとうございました。
  • 初めてのお菓子づくり楽しかったです。大豆のことをもっと知って、食べ物を大切にしていくよう頑張ります。本当にありがとうございました。

不二たん白質研究振興財団

大豆たん白に関する学術研究振興を支援する目的で、1979年に大豆たん白質栄養研究会を発足し、18年間の活動をもとに、1997年に文部省所管の財団法人「不二たん白質研究振興財団」を設立しました。2012年には内閣府所管の公益財団法人として事業の継承と発展に努めています。本財団は大豆たん白質のより広範な学術振興と普及・利用を目指して、食品の基礎および応用から食文化まで幅広い研究に助成し、その研究成果を公表するとともに、一般向けの公開講演会などを開催しています。前身を含む39年間にわたる助成件数は累計で1,050件となり、公開講演会も21回開催、多くの方にご出席いただき大豆たん白食品試食会も好評をいただいています。次年度には研究会設立40周年を迎えますが、蓄積された情報をさらに広く公開し、社会への貢献を果たしていきたいと考えます。

<大阪で行われた講演会の様子>
<大阪で行われた講演会の様子>

Think The Earthによる「SDGs for School」の高校生向け出前授業にて
パーム油生産地問題への興味喚起ための教材用チョコレートを提供

Think The Earth(NGO)が中学生・高校生に向けてSDGsの理解普及を図るため行っている「SDGs for School」は、持続可能な社会実現について学ぶプロジェクトです。この出前授業で、不二製油グループとして教材用のチョコレート2種類(パーム油使用のもの、パーム油不使用のもの)を提供しています。次世代を担う高校生に、「パーム油」が身近な生活と切り離し難いものであることや、持続可能なパーム油を消費する知識を持っていただく活動に賛同しています。

<授業を受けた高校生の声(一部抜粋)>

わたしは、今高校生で、どの世代の人よりも力を持っている、世界を変える力があると思っています。ですが、成長していくにつれて自分が自然と臆病になっていき、具体的な活動ができず、とても苦しい思いをしていました。そんな時に、授業を通して先生から自分がこれからしていくことの具体的なアイディアをもらいました。これから、自分がやりたいことをたくさんの人とやっていけたらなと思います。
Think the Earthや不二製油の活動や企業理念についても興味を持ちました。このような企業が世の中にはあると思うと、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

環境や社会のことを考えながら、経済を発展させようとするのは難しかったです。日本は安い商品をいっぱいつくって、いっぱい買うよりも、もっとほかの国のことも考えるのが、これからの世界を考えるとよいと思います。どうしていくべきなのかはっきりとした答えを見つけることができないので、企業がどんなことをしているのか見てみたいです。

※詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

http://www.thinktheearth.net/sdgs/

フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)
  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。
    お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。
  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品名 必須
用途 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品名
用途
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。