お電話でのお問い合せ

株式・株主優待関連のお問い合せ

TEL0120-651-563

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

株式事務手続きに関しては以下のページをご参照下さい。

決算・IR関連のお問い合せ

IRグループ

TEL03-5418-1044

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

報道・ニュースリリースのお問い合せ

広報・IRグループ

TEL06-6459-0701

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

サステナビリティについてのお問い合せ

CSR・リスクマネジメントグループ

TEL06-6459-0729

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

FAX06-6459-0711

ホームページについてのお問い合せ

フォームにてお問い合せください。

「製品」「USS、豆乳クリーム」「通信販売(ソヤファームクラブ)」「採用」などに関するお問い合せは不二製油株式会社へお問い合せください。

閉じる

サステナビリティ

人づくり

考え方

従業員が多様な価値観を発揮し、「挑戦と革新」を実践する人材を育成することは、不二製油グループが社会に価値を創出し続けるための源泉だと考えます。意欲ある人材がグローバルに活躍し能力を発揮できる職場づくりに取り組むことで、製品品質やサービスの向上、会社の発展につなげ、社会から信頼されるグループであり続けることを目指します。

人材育成

考え方

不二製油グループでは、社会に価値を創造する要は人材だと考えています。従業員と会社は互いに成長し支え合う存在であるという考えのもと、「人材に関する方針」を定めています。

人材に関する方針

  • 意欲のある社員に、イキイキと能力を発揮できる職場を積極的に提供します。
  • グローバル企業として、多様な人材が活躍できる環境を整えます。
  • 公平・公正な人事制度(評価/処遇/育成)を構築・運営します。
  • 教育・研修制度を充実させ、自己啓発を支援する風土づくりに努めます。
  • 多様な働き方を支援し、安全で働きやすい職場を提供します。

目標

2020年にはグローバル人事体制の基盤を築き、グローバル、そして各エリアで活躍するポテンシャルのある人材の可視化と育成を行っている。

進捗(目標に向けた取り組み)

2017年度は、グローバル展開の推進役を担う「グローバル人材の育成」と、将来的に経営の要として活躍する「マネジメント層の育成」を重点的に取り組みました。2018年度は、グローバル人事フレームワークの構築を進め、人材育成の基礎を固めます。

具体的な取り組み

グローバル人事フレームワークの導入

不二製油グループが社会に貢献し続けるために、従業員が共有する行動の原理原則である「グループ憲法」の実践を評価するフレームワークを策定します。核となる価値観を反映しながら、それぞれの地域や国の文化・慣習に合わせた内容へ落とし込んだものにする計画です。また、当社グループ全体での人材活用や育成の重要性が増す中で、幹部・優秀人材の可視化、選抜、育成、配置などグローバル人事体制の構築を図ります。
これらの活動によって、当社グループのダイバーシティを推進することを目指します。

キャリア支援体制

不二製油(株)では、役員、管理職、一般社員、新入社員などの階層ごとに研修を実施し、従業員のスキルアップを支援しています。さらに、希望者への外部のセミナーへの派遣、通信教育の受講にあたる補助金の支給など、支援制度の充実も図っています。また、本人の希望をまとめた「キャリアアップコミュニケーションシート」をもとに年1回上司と面談し、社員が活躍の機会を得られるよう、個人のキャリアについて話し合える機会を設けています。

不二製油(株)研修体系図(2017年度)

不二製油(株)研修体系図(2017年度)

グローバル人材育成

不二製油グループでは、中期経営計画の人事戦略において、グローバル人材育成を掲げています。「人の成長が企業の成長につながる」との考えに基づき、グローバルに力を発揮できる人材の登用・育成を目指して、取り組みを推進しています。

不二製油グループが求めるグローバル人材の力

不二製油グループが求めるグローバル人材の力

グローバル人材育成研修(日本)

グローバル人材育成研修(日本)

国内外を問わず、常にパフォーマンスを発揮できるグローバル人材を育成するため、不二製油(株)では2016年度から新たな取り組みとして、グローバル人材育成研修を実施しています。
約6カ月間にわたり、グローバルコミュニケーション、MBA知識、リーダーシップスキル、語学力(英語)などのトレーニング、および経営幹部に向けたプレゼンテーションを行うプログラムです。2017年度の研修では、海外勤務経験者および予定者、グローバルな取引先と仕事をする者など、計13名が参加しました。キャリアパスによる育成と連携させることで、グローバル幹部育成につなげていきます。

<グローバル人材育成研修 2017年度受講者の声>
不二製油グループ本社 広報・IRグループ IRチーム リーダー マネージャー
越田 晃正
グローバル人材育成研修プログラムに参加したことで、グローバルに仕事をするためのコミュニケーションの本質を学ぶことができました。IRの仕事はコミュニケーションが中核です。この研修で得た学びを近年積極化している海外投資家との面談や、社内外でのプレゼンテーションなど、仕事のさまざまな局面で活かしています。今後も実践を通じて、研修で学んだノウハウを維持・向上できるよう努めていきます。

ハラルド社での人材育成プログラム(ブラジル)

2015年より不二製油グループに加わったブラジルのハラルド社では、2017年度に当社グループの価値観などを理解するための人材育成プログラムに力を入れました。この研修は、受講者が仕事でより良い成果を出すことのみならず、受講者各人の人格を高めることを目的としました。社長、執行責任者、マネージャー、コーディネーターが、それぞれの組織でより良い成果を出すために、人材マネジメントに関する意見交換を行いました。
また、当社グループの価値観を理解し実践するために、さまざまな啓発週間を設けました。「環境と労働安全衛生に関する社内啓発週間」ではすべての従業員が参画し、社内外での事故を未然に防ぐための行動を心がけました。「品質週間」の期間には、製品の品質向上を図るため、従業員がGMP、HACCP、FSSC22000などの品質マネジメント認証に関する理解を深めました。さらに、従業員が方法論や分析を基に、迅速に業務上の問題を解決するための、技術的な研修やオペレーションに関する研修を実施しました。
これらの人材育成プログラムは、ハラルド社が新たな取り組みを推進するための、従業員の知識の向上に役立っています。

マネジメント層の育成

リーダーシップ開発研修

不二製油(株)では、管理職補佐層および将来のマネジメント層の強化を図るべく、2016年度からリーダーシップ開発研修を実施し、2017年度は57名が受講しました。本研修を通じて、リーダーのあるべき姿を認識するとともに、自身の現状・課題を客観的に把握することができました。合同研修受講だけでなく、その後のフィードバック面談やOJT計画の立案から振り返りまで、上司が育成に深く関わりながら実行することで、着実な成長につなげます。また、人材のポテンシャルを詳細に把握することにより、適材適所の配置や長期キャリア形成など、今後のタレントマネジメントに役立てていきます。

人事制度の改革

原点である「変革に挑み続ける企業風土」を醸成するため、不二製油(株)では2015年度以降、人事制度改革を進めています。改革の柱は、給与制度改革、評価制度改革、人材育成推進の3点です。

<人事制度改革の内容と進捗>

スクロール

年度 実施項目 内容
2015年度 管理職 人事制度改革 給与制度改革(職務給制度の導入)
評価制度改革(成果責任の明確化)
人材育成推進(多面評価)
2016年度 組合員 昇格審査プロセス改革 教育育成・自己成長の機会として体系的に実施
2017年度 フレックスタイム制度の拡大 利用時の事由撤廃
2018年度(予定) 組合員 人事制度改革 給与制度改革
(年齢給の廃止/成果・業績に応じた配分/個別事情による諸手当の整理)

従業員意識調査

不二製油グループ(日本)では、従業員が健康でイキイキと働くことができる職場づくりを行う目的で、従業員意識調査を定期的に実施しています。働いている職場の環境や制度など広範な観点から率直な意見を寄せてもらうことで、さまざまな施策の参考として役立てています。

データ

人材育成に関する費用

スクロール

2017年研修費用総額 約35,200,000円
従業員一人当たり研修費 約24,110円

採用と離職

*2015年以降は不二製油グループ本社および不二製油株式会社の総計です。
*2013年~2014年はグループ本社化前の不二製油株式会社の実績です。

ダイバーシティの実現

考え方

社会価値が絶えず変化する中で、食品製造業である不二製油グループがCSRを果たし続けるためには、社会の変化を把握し、社会課題解決に寄与して価値を提供することが必要です。多様な人材が価値観と個性を発揮できることがその源泉となります。

不二製油ダイバーシティ基本方針

  • 多様な人材を幅広く求め、それぞれが持てる能力を最大限に発揮できる風土を醸成することで、社会への新たな価値提供を加速していきます。
  • 採用、育成、登用などの人材発掘の全段階において、人員構成の多様性を意識します。
  • 多様な人材がそれぞれの能力を最大限に発揮できるよう、柔軟性のある制度展開を行います。
  • 多様な人材の戦略的な活用を意識し、社会および会社への利益貢献へとつなげます。

目標

  • 2020年 女性管理職比率20%(日本)
  • 2020年 高齢者や障がい者など多様な従業員がイキイキと就労できる環境整備がなされている状態(日本)

進捗

フレックス制度の拡大や、在宅勤務制度の導入など、多様な働き方を促進するための制度づくりを進めました。コミュニケーションを円滑化し、多様な価値観を活かすため、実態調査に基づいた会議のルールづくりや、社内イントラネットの再整備を行いました。

具体的な取り組み

活躍推進

女性の活躍推進

食品製造業である不二製油グループが事業を通じて社会に貢献し続けるには、社会の変化を捉えることが重要です。そのために欠かせない女性の感性・能力を存分に発揮できるよう、女性社員の活躍推進に力を入れています。
国内の2018年4月現在の女性管理職比率は8.24%ですが、2020年度の女性管理職比率20%以上を目標として、機会提供および育成に取り組んでいます。そのほか、内閣府の「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会**」の行動宣言に、当社社長の清水が賛同しており、今後は活動をさらに加速する予定です。

*集計範囲:不二製油グループ本社+不二製油(株)-海外出向者

**輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会
「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同
「輝く女性の活躍を加速する男性
リーダーの会」の行動宣言に賛同

2014年3月28日、首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが広がっています。このような中、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言が制定されました。

地域限定社員と正社員登用

不二製油(株)では、2017年度から、有期雇用契約であった「準社員」を期間の定めのない「地域限定社員」に改めました。また、活躍の意欲にあふれる非正規雇用社員を対象に、年1回、正社員登用試験も実施しています。2017年度には4名を登用し、活躍いただいています。今後も本制度を通じて、能力と意欲のある人材の積極的な登用を図っていきます。

高齢者の活躍推進

不二製油(株)では60歳を定年としていますが、65歳を上限とする定年退職者再雇用制度を設けています。退職1年前および退職時に個別面談を実施し、対象となる方の意欲や能力に応じた活躍の場を提供しています。また、50代後半の社員に対し、定年後のライフプランを考えるための「ライフプランセミナー」を2016年度から実施しています。本セミナーは参加者にとって、比較的早い段階で定年後のワーク・ライフ・バランスを具体的に描き、自己実現を図る契機となっています。

外国人の戦略的採用

不二製油(株)では、自社のニーズに合った能力を持つ人材を国籍にかかわらず採用しており、研究開発、企画、管理などさまざまな分野で外国籍社員が活躍しています。2018年度には、タイや中国から新卒採用する予定であるほか、海外グループ会社の経営についても現地化を進めています。

障がい者の活躍推進

不二製油(株)では、長年にわたり、障がい者雇用に取り組み、一人ひとりの個性に配慮しながら、地道な社内啓発や活躍の場の拡大など、着実に進めています。

働き方改革

活きたキャリアの構築支援

活きたキャリアの構築支援

外部評価

上記の取り組みが評価され、不二製油(株)では、くるみんマークよりさらに高い要件が求められる「プラチナくるみんマーク」を取得しています。

  • プラチナくるみんマーク
  • プラチナくるみんマークを取得

    プラチナくるみんマークを取得

労使間の対話

不二製油(株)では、「労使間の対話」を大切にし、労使相互の信頼関係の構築に注力しています。
会社と労働組合とは活発に協議を行い、経営状況や会社の方針などについて情報交換する「中央労使懇談会」を毎月開催しています。また、労働協約に則って「労使協議会」を随時開催し、従業員の昇給や賞与に関する交渉、社内の規則・規程の見直しなどに関する議論を行っています。これらの交渉・議論は、会社の業績や動向、経営の諸問題、世の中の動きなどについて労使が情報を共有した上で、プロセスを踏んで進めています。
グローバル化、少子高齢化の加速、ワーク・ライフ・バランスのさらなる充実など、今後もダイバーシティ推進が必要性を増す中で、対応する人事制度の構築に取り組んでいきます。

データ

各種制度の利用

男女別制度利用者数(不二製油(株)+不二製油グループ本社)

(名)

スクロール

男性 女性
2017年度育児休業取得者数
(産前・産後休暇含む)
28 28 56
2017年度時短勤務者数
(取得事由:育児)
0 18 18
2017年度介護休暇
(休業)利用者数
1 2 3
2014年育児休暇取得者3年定着率 100.0% 80.0% 88.9%

*2014年度育児休暇取得者の2017年時点での定着率を表しています。

年次有給取得率(2017年度/不二製油(株)+不二製油グループ本社)

スクロール

年次有給取得率 59.3%

従業員データ

不二製油グループ地域別従業員数
(国内グループ会社は2018年3月末時点、海外グループ会社は2017年12月末時点)

(名)

スクロール

  日本 欧米 アジア 計(連結従業員数)
総数 1,855 874 2,308 5,037
男性 1,501 702 1,717 3,920
女性 354 172 591 1,117

不二製油グループ本社株式会社 従業員数内訳(2018年3月末時点)

(名)

スクロール

男性 女性
正社員・嘱託 103 29 132
地域限定社員   1 1
契約社員 0 0 0
平均年齢(従業員) 47歳8カ月 37歳2カ月 45歳1カ月

*執行役員を含む

不二製油株式会社 従業員数内訳(2018年3月末時点)

(名)

スクロール

男性 女性
正社員・嘱託 906 176 1,082
地域限定社員 105 52 157
契約社員 59 29 88
平均年齢(従業員) 43歳5カ月 39歳2カ月 42歳8カ月

*執行役員を含む

不二製油グループ 管理職数
(国内グループ会社は2018年3月末時点、海外グループ会社は2017年12月末時点)

(名)

スクロール

日本 アジア 欧米
男性 348 176 70
女性 28 58 19
376 234 89

不二製油グループ本社 役員数(2018年3月末時点)

(名)

スクロール

男性 11
女性 1
12

再雇用(2017年度/不二製油グループ本社+不二製油(株))

スクロール

再雇用者数 17
再雇用率 77.3%

障がい者雇用(2017年度月平均あたり人数/不二製油グループ本社+不二製油(株))

スクロール

障がい者雇用者数 28.6
障がい者雇用率 1.81%

コンプライアンス意識の浸透

考え方

不二製油グループは、日々の業務の中で法令や社内規程の順守はもとより、社会(ステークホルダー)からの期待や要望に応えられるよう、高い倫理観を持って行動することが重要と考えています。2015年10月に制定した「不二製油グループ憲法」には、こうしたコンプライアンスの基本的な考え方が織り込まれています。

推進体制

責任者と責任機関

取締役会の任意の諮問機関として「ESG委員会」を設置しています。2018年4月現在、当委員会は、食の創造によるソリューション分科会、安全・品質・環境分科会、ひとづくり分科会、サステナブル調達分科会、ガバナンス分科会で構成され、コンプライアンスの推進については、人づくり分科会にて課題提起を行い、取締役会および経営陣に答申しています。

内部通報制度

日本では不二製油グループ本社、国内グループ会社および一部協力会社の従業員を対象に、社内と社外(弁護士)とで対応する「不二製油グループ社内通報窓口」を設置しています。海外グループ会社においては、従業員向けの内部通報制度(不二製油グループコンプライアンスヘルプライン)を運用しています。
通報窓口として社外の法律事務所にも委託し、通報者の秘密・匿名性を確保することにより、通報しやすい環境整備を図っています。グループ全体で寄せられる通報件数は年間約10件で、通報内容に対しては速やかに調査し、必要な是正措置や通報者へのフィードバックを行っています。グループ全体にわたって、通報制度のさらなる周知に努めています。

コンプライアンス体制のモニタリング

監査役や内部監査担当部門と連携を図り、海外グループ会社も含めたコンプライアンス実践状況のモニタリングに取り組んでいます。2018年度からは、海外グループ会社を巡回し、コンプライアンスチェックリスト(地域特有の法令やリスクを勘案して作成したもの)を用いた実地点検活動を開始します。

目標

2020年に、不二製油グループ憲法に基づく価値観・行動原則がグループ全体に浸透している姿を目指します。

進捗

2017年度も、コンプライアンス意識の浸透と向上に資するさまざまな活動を行いました。下記は、実施した施策の代表例です。

  • 国内外グループ各社での重要法令およびコンプライアンスについての集合研修の実施
  • キャリア採用者を含む新入社員に向けた、不二製油グループの考え方と体制・ルール周知を図る教材の作成
  • 海外グループ会社向け内部通報窓口(不二製油グループコンプライアンスヘルプライン)の案内と利用促進のための周知活動
  • イントラネット上に掲載している「コンプライアンス・ポータルサイト」のコンテンツの定期的(月次)更新によるグループ全体の従業員への継続的な情報提供
  • 海外グループ会社での「コンプライアンス意識調査」の実施

具体的な取り組み

コンプライアンス徹底の仕組み

ビジネス行動ガイドライン

不二製油グループ憲法の行動原則をさまざまな日常業務で遭遇する典型的事例を取り上げて説明した「不二製油グループ・ビジネス行動ガイドライン」を改訂し、冊子やPDFにて、順次全従業員に配布をしています。また、多言語(7カ国語)への対応も行っています。

コンプライアンス研修

国内および海外の一部拠点を巡回し、事業現場の状況やニーズを掌握しながら、注意すべきコンプライアンス分野の啓発を行っています。また、人事部門と連携し、新入社員や海外出向者など各人のキャリアの節目に合わせて、コンプライアンス研修を実施しています。2018年度からは、海外グループ会社での啓発活動を強化するとともに、国内外の従業員を対象にeラーニングプログラム(日本語、英語、中国語)の展開に取り組みます。

腐敗防止

考え方

独占禁止法順守と並び、公正な取引に係る重点コンプライアンス分野の一つとして、贈収賄防止については啓発活動の中で力点を置いています。

汚職リスクへの対策

不二製油グループでは、汚職リスクの高い地域に対して重点的に啓発活動を行っています。例えば、2017年度は、中国のグループ会社での啓発活動を行いました。集合研修だけでなく、ローカルスタッフとの対話を通じ、当分野のコンプライアンスの重要性や違反した時の損失の甚大さについて、納得感のある丁寧な伝達に努めています。

政治献金

当社グループは、政治献金の拠出はありません。

フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)
  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。
    お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。
  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品名 必須
用途 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品名
用途
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。