お電話でのお問い合せ

株式・株主優待関連のお問い合せ

TEL0120-651-563

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

株式事務手続きに関しては以下のページをご参照下さい。

決算・IR関連のお問い合せ

IRグループ

TEL03-5418-1044

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

報道・ニュースリリースのお問い合せ

広報・IRグループ

TEL06-6459-0701

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

サステナビリティについてのお問い合せ

CSR・リスクマネジメントグループ

TEL06-6459-0729

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

FAX06-6459-0711

ホームページについてのお問い合せ

フォームにてお問い合せください。

「製品」「USS、豆乳クリーム」「通信販売(ソヤファームクラブ)」「採用」などに関するお問い合せは不二製油株式会社へお問い合せください。

閉じる

サステナビリティ

植物性素材の活用による食資源不足へのソリューション提供

考え方

不二製油グループは創業間もない頃から、人口増加とともに起こる食資源不足の問題に対して、植物性の食の素材を通してソリューションを提供することを目指してきました。具体的には、植物性のたん白源が、動物性たん白源の不足を補うと考え、1957年から60年以上、大豆たん白の可能性を追求しています。
昨今では、社会的な「食資源不足」や「環境」問題への危機感がますます高まっています。従来、植物性のたん白素材は動物性たん白の「代替」でしたが、当社グル―プでは、単に動物性食品を置換するのではなく、「植物素材ならではのおいしさの提供と社会課題解決」をコンセプトに、市場における植物性食品というカテゴリーを確立し、社会課題の解決に貢献したいと考えています。

目標

中期経営計画に基づき、地球環境負荷の低い植物性たん白質で、食資源不足の課題解決に貢献する。
ものづくり(研究・開発)の面では、植物性たん白源が普及する上で課題となる「おいしさの提供」を実現できる商品を開発する。
ことづくり(市場への価値訴求)の面では、消費者に植物性たん白源を選択する意義を理解していただくための仕組みづくりを行う。

進捗

  • 大豆ミートの開発と拡販
    市場展開(高付加価値製品の開発推進)による、ミートレスハンバーグ、大豆からあげおよび着味した粒状大豆たん白を開発・拡販を進めました。
  • 植物性素材ベースのホイップクリームの市場づくり
    従来のホイップクリームは、牛乳を原料に製造されますが、不二製油グル―プでは植物性原料由来のホイップクリームの開発を進めています。2018年度は、ココアバターをベースとしたカカオホイップクリームや、濃厚な豆乳(豆乳クリーム)由来のホイップクリームの開発・販売を進めました。一方、豆乳で作ったチーズの様な素材は、豆腐で作ったチーズケーキやソイティラミス(ティラテス)の原材料として採用いただき、徐々に日本市場で普及しています。

具体的な取り組み

「人と地球を健康にする」大豆素材の普及促進

社会課題と大豆

世界的な人口増加により、食料(特に動物性たん白源)および水資源が将来不足すると予測されていますが、不二製油グループはこの人類の社会課題を大豆が解決すると信じています。大豆は、寒冷地から熱帯まで幅広い地域において、動物性のたん白源に比べわずかな肥料・水で、大量に栽培することが可能です。

資源別 生産時の水使用量

図表:資源別 生産時の水使用量

不二製油グループのソリューション

当社グループは食資源不足に対して、植物性食品の開発と市場への普及を通してソリューションを提供したいと考えています。

例1:大豆ミート

従来の大豆ミート等の植物性たん白源は、動物性たん白源(牛肉など)に比べ、地球環境負荷が低いものの、風味が劣ることが普及のための課題でした。当社グループでは、大豆ミートに対する長年のノウハウの蓄積によって、動物性たん白源のような食べごたえとおいしさをもつ大豆ミートを開発・販売しています。
例えば、2018年度には、ミンチ肉のような不連続な食感を付与し、消費者の皆様に牛肉さながらに満足いただけるようなミートレスハンバーグを開発いたしました。今後も、おいしい植物性のたん白素材を社会に提案・提供することで、消費者の皆様の食の歓びに貢献することはもちろん、地球環境への負荷が低い方法で食資源不足の解決に寄与したいと考えています。

例2:植物性のホイップクリーム

当社グループでは、植物性素材ならではのおいしさに着目した製品の開発を進めています。例えば、ココアバターを油分として使用した、カカオ風味の濃厚な植物性クリーム〝カカオホイップ″を開発しました。このことで、カカオのもつ豊かな風味を楽しむことができるホイップクリームの提供が可能になりました。市場では、植物性素材から作られたチョコレート風味のパフェの素材等に使用いただき、環境負荷が牛乳由来のものに比べ低く、風味が豊かであることから、反響をいただいています。
また、当社のUltra Soy Separation技術(USS技術)を使用した新製品として、食物繊維を豊富に含む豆乳ホイップクリームを開発しました。パスタソース等、生クリームの用途として使用することで、あわせる食材の風味を引き立てながらコクのある味わいを可能にし、環境負荷が低くおいしい素材の提供による植物性食品の普及への貢献を目指しています。

大豆ミートのハンバーグ

ブルキナファソにおける栄養改善および女性の収入向上のための大豆商品サプライチェーン構築とビジネス調査

当社グループは、西アフリカのブルキナファソにおいて大豆の調達および「大豆ミート」の開発・製造・販売による現地の消費者の栄養改善と農家の収入向上を目指し、2018年にビジネス調査を開始しました。調査にあたり、国際協力機構(JICA)の「2018年途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」に採択されました。本枠組みの中で、大豆産地の調査や商品開発に向けた調査を開始しています。
ブルキナファソでは、大豆農家の収入は安定しているとは言えず、大豆は付加価値が低いまま飼料向けに輸出されているのが現状です。また、低体重など人口の多くが栄養不足状態にあります。大豆を貴重なたん白源として有効活用し、地域に貢献できるよう、今後も事業調査を進めます。

*国際協力機構(JICA)「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」:
開発途上国における持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するビジネスを計画している本邦法人の提案に対して、調査費用1件5,000万円を上限として最大3年間の期間でJICAが支援を行い、事業計画の策定を行うもの。

  • シアナッツ農家でもある大豆農家グループとミーティングの様子
  • 大豆ミートを現地風に調理したものを試食している様子
シアナッツ農家でもある大豆農家グループとのミーティングの様子

フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)
  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。
    お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。
  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品名 必須
用途 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品名
用途
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。