お電話でのお問い合せ

株式・株主優待関連のお問い合せ

TEL0120-651-563

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

株式事務手続きに関しては以下のページをご参照下さい。

決算・IR関連のお問い合せ

IRグループ

TEL03-5418-1044

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

報道・ニュースリリースのお問い合せ

広報・IRグループ

TEL06-6459-0701

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

サステナビリティについてのお問い合せ

CSR・リスクマネジメントグループ

TEL06-6459-0729

(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)

FAX06-6459-0711

ホームページについてのお問い合せ

フォームにてお問い合せください。

「製品」「USS、豆乳クリーム」「通信販売(ソヤファームクラブ)」「採用」などに関するお問い合せは不二製油株式会社へお問い合せください。

閉じる

サステナビリティ

食の創造

基本的な考え方
食の素材を根本から見つめる。不二製油グループが創業から目指し、培ってきた技術と情熱は、「食」の可能性を切り拓く革新力です。そして、この力により、食糧不足や栄養不足、高齢者の食など、全世界が抱える課題を解決していきたいと強く思っています。食の創造を通じて、生活者のおいしさと健康をグローバルにサポートし続けていくことこそ、私たちの使命です。

食の未来を創造する研究体制

不二製油グループの研究開発テーマは、基盤研究から製品開発、応用開発、生産技術開発まで、多岐にわたります。そして、たゆまない研究開発によって、さまざまな食の課題を解決し、食の未来を創造する新技術や画期的な新食材を継続的に創出できると考えています。そこで、グループ内外の知見と技術を融合し、新たな技術イノベーションを興すとして、2016年夏に「不二サイエンスイノベーションセンター」を設立しました。これに加え、「つくば研究開発センター」と「アジアR&Dセンター」の三極によるグローバルな研究開発体制を構築し、知識と技術の融合を加速させています。

私たちの研究開発ミッションは、サステナブルな成長を目指し、技術的なイノベーションにより柱となる次世代事業を創出することです。既存事業の深化・発展と新規事業の事業化のための研究開発の施策・戦略立案に取り組みながら、将来に向けた研究領域の調査とオープンイノベーションに向けた共同研究体制づくりも進めています。

また、2015年4月、これまでの基盤研究所を「未来創造研究所」に改称し、研究所内に生産技術の革新を担う基盤技術研究室を設置し、技術イノベーションの実現と新規事業・新市場の創出を推進しています。

グローバル研究施設・フジサニープラザ拠点

グループ内外の知見と技術を融合し、新たな技術イノベーションを興すため、不二サイエンスイノベーションセンター・つくば研究開発センター・アジアR&Dセンターの三極によるグローバルな研究開発体制を構築。フジサニープラザは、東京・阪南(日本)・つくば(日本)・バンコク(タイ)・シンガポール・上海・広州・北京の8つの拠点があり、お客様との共創の場として、共同試作や共同開発を行っています。
施設名 機能
不二サイエンスイノベーションセンター 不二製油グループ内外の知を融合する中核として、お客様のニーズに応える食素材の開発を担っています。
つくば研究開発センター お客様のニーズにマッチした応用開発と技術の深化やおいしさと健康につながる基盤研究を行っています。
アジアR&Dセンター シンガポールに位置する当センターでは、日本の素材開発のノウハウを活かし、アジア地域の市場ニーズに応える食素材開発に取り組んでいます。
フジサニープラザ 東京をはじめとする世界8拠点で、お客様との共創の場として、共同施策や共同開発を行っています。
挑戦と革新を加速させる不二サイエンスイノベーションセンター
大見出しタイトルタイトル

新たに設立した不二サイエンスイノベーションセンターは、不二製油グループにおける研究開発のヘッドクォーターとして重要な役割を担っています。
施設内の随所には、不二製油グループ内外の知を融合する中核として、さまざまな工夫がされています。たとえば、研究員同士が交流できるように研究居室をワンフロアに集約。この新たな試みによって部門の垣根が取り払われ、自由闊達なコミュニケーションが可能になりました。実際に研究者同士のディスカッションから、ある大豆たん白の課題に油脂関連技術がブレークスルーをもたらすなど、新たな組み合わせによるイノベーションが起こりつつあります。ほかにも共創スペースには、海外グループ会社の研究員と合同で研究開発が可能なコラボレーションラボを設置するなど、知識と技術の融合を加速させています。さらに製品の工程がイメージできるバーチャル工場見学や不二製油グループの事業がひと目で理解できる展示室を設置するなど、お客様との共創の活性化も強力に推進しています。

社会課題の解決に向けた食の創造の取り組み

おいしさと健康の両立は、社会がサステナブルを目指す中での命題であり、不二製油グループにおいて最も重要な取り組みです。当社グループでは、新中期経営計画の方針として、機能性高付加価値事業と大豆事業の成長を掲げています。これらは社会が抱えている健康や栄養面での喫緊の課題にもとづいており、社会課題の解決に向けて、食の創造に取り組んでいます。

取り組みテーマ

  • おいしさと健康の両立
  • 食資源不足への貢献

健康油脂

身体機能の向上や低アレルゲンなど、健康を考慮した食素材が求められています。不二製油グループでは、さまざまな健康油脂を創出し、世界の人々のおいしさと健康を追求しています。

安定化DHA・EPA

魚介数に多く含まれているDHA・EPAは、認知症発症リスクの低下に寄与する等、多岐にわたる健康優位性が期待できる不飽和脂肪酸です。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」でも、DHA・EPAを日常的に摂取することが望ましいとされています。 しかし、これまでのDHA・EPAは著しい酸化劣化とそれに伴う魚臭が障壁となり、カプセル状以外で食品として摂取するのが難しい状況でした。不二製油グループは、難溶性抗酸化成分を油の中で安定的に分散させる新技術により、酸化と魚臭の発生を抑えた安定化DHA・EPAの開発に成功しました。当社グループの安定化DHA・EPAは、藻類由来のものが主原料のため、持続的に安定した供給が可能です。

呈味増強油脂

DTR(Dispersion Technology of Refractory)製法により、少ない調味料でも塩味や酸味、辛味が強く感じられる呈味増強油脂を開発しました。生活習慣病予防の観点から、減塩が望まれる加工食品の低塩化に貢献するとともに、減塩効果のある調理油として、病院や高齢者施設の給食用途で大きく期待されています。

低トランス・ノントランス脂肪酸製品

トランス脂肪酸は心疾患リスクがあることから、米国食品医薬品局(FDA)は2015年6月、トランス脂肪酸が多く含まれる部分水素添加油脂の使用禁止通達を行い、全世界の食品メーカーにおいてトランス脂肪酸を見直す動きがあります。不二製油グループでは、製造時にトランス脂肪酸を発生しないエステル交換等の独自技術を駆使し、チョコレートやマーガリン用に低トランス・ノントランス脂肪酸製品を製品化し、おいしく健康な食素材を提供しています。

大豆ルネサンス*

世界的な人口増加により、数十年後には動物性たん白源が不足するといわれています。不二製油グループでは、大豆は人と地球を健康にする主要たん白源であると考え、60年の長きにわたり、その可能性を追求してきました。そして、中長期事業戦略の中でもとりわけ重要なものとしてに「大豆ルネサンス」を掲げ、大豆本来の価値をあらためて見つめ直し、社会に提案しています。

*大豆ルネサンス
あらゆる角度から大豆を見つめなおし、おいしい大豆素材・食品を提供することで食シーンにおける大豆の可能性を広げること。
豆乳クリームと低脂肪豆乳製品
大豆のティラミス風スイーツ
「ティラティス」
(チーズ風豆乳素材を使用)

世界初の大豆分離・分画技術USS(Ultra Soy Separation)製法により、大豆を生乳のように豆乳クリームと低脂肪豆乳に分けることに成功しました。豆乳クリームは、生クリームのようなコクと濃厚感から調理や加工品に最適で、スッキリとした後味が特徴。食材や出汁のおいしさを引き立てるため、和食にも向いています。低脂肪豆乳は、旨味成分である遊離アミノ酸を多く含み、ホイップやドレッシング等幅広い派生製品をラインアップしています。これらの製品により、食品素材としての大豆の可能性を拡大しています。

大豆ミート(粒状大豆たん白)
大豆ミートの麻婆豆腐
大豆ミートの麻婆豆腐

大豆ミートは、油脂分を除いた脱脂大豆を熱と圧力によって繊維化し、肉に近い食感に仕上げた製品です。鶏肉風や牛肉風など、独自の技術によって用途に応じた食感の大豆ミートを生産することを可能にしました。これまではハンバーグや水産練り製品用途での活用が中心でしたが、大豆ミートは冷めても硬くならず、肉汁保持等の高い機能性が評価され、用途の多様化と需要の増加が進んでいます。今後は、食肉にはない機能性とおいしさを両立する食素材として、ベジタリアン等の食文化層も含め、全世界へ広範に提供していく計画です。

豆乳チーズ風味素材
チーズ風豆乳素材
チーズ風豆乳素材

ベジタリアンや健康志向の増大に応えるため、チーズのような風味の大豆食素材(豆乳発酵食品)を創出しました。USS製法で生まれた豆乳にヨーロッパの乳酸菌メーカーと共同開発した乳酸菌を加えることで、芳醇でコクのあるおいしさを実現しました。クリームチーズタイプの「大豆舞珠(まめまーじゅ)」に加え、2016年度にはマスカルポーネチーズタイプの「大豆舞珠mou(ムー)」とセミハードタイプの「大豆舞珠ぶろっく」も販売開始。「大豆舞珠mou」は、大豆のティラミス風スイーツ用として利用されています。「大豆舞珠ぶろっく」は、テレビでも取り上げられ、カットやシュレッドできる画期的な新素材としてレストラン等のお客様に好評です。

食育プロジェクト
豆乳プリン作りに励む子どもたち
豆乳プリン作りに励む子どもたち

不二製油グループでは、次世代を担う子どもたちに「食の大切さと大豆のチカラ」を伝えるため、2014年度から「食育プロジェクト」を特定非営利活動法人「放課後NPOアフタースクール」と協働で実施しています。2017年3月までに「大豆おやつ(豆乳プリン)作り」と「大豆ワークショップ」の2種類の出前授業を計35回実施し、1,015名の小学生に、人の健康に良く、世界の食糧不足を救う“大豆のチカラについて学んでもらいました。

不二たん白質研究振興財団
名古屋で行われた講演会の様子
名古屋で行われた講演会の様子

大豆たん白に関する学術研究振興を支援する目的で、1979年に大豆たん白質栄養研究会を発足し、18年間の活動をもとに、1997年に文部省所管の財団法人「不二たん白質研究振興財団」を設立しました。2012年には内閣府所管の公益財団法人に移行し、事業の継承と発展を進めています。本財団は大豆たん白質のより広範な学術振興と普及・利用を目指して、臨床から栄養、代謝、食品科学、育種、さらには食文化等を含む幅広い公募研究に対して助成金を交付し、その研究成果を公表するとともに、公開講演会等を開催してきました。38年にわたる助成件数は累計で1,000件を超え、一般向けの公開講演会と併催する大豆たん白食品試食会も好評をいただいています。

フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)
  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。
    お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。
  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品名 必須
用途 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品名
用途
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
ご入力いただいたメールアドレスへ確認メールを送信いたしましたので、ご確認をお願いいたします。